旅とひきこもりは似ている

スポンサードリンク


旅行とひきもりは似ている

 

と思います。

私はひきこもり体質です。

高2の夏休み。17歳の夏という最も青春チックな時期に、2週間ほどひきこもるくらいにはひきこもり体質です。理由はただ単に暇だったのかもしれませんが、外に行くのは刺激が多くてそれだけで疲れるのです。思いがけないところで知り合いに会うと、最悪な気分になります。

しかし、不思議なことに、旅行は好きです。刺激だらけ、予測不能だらけなのに旅行は好きです。

大学の長期休みには必ず遠出します。海外にも行きました。普段は家と学校の往復しかしないひきこもりなのに。

家と旅の共通点は、ざっと考えると、「人間関係の希薄さ」と「選んで独りぼっちになれること」かと思います。

家も旅も、わずらわしい人間関係をシャットアウトできます。

また、孤独なのではなく、「選んで独りぼっちになれる」という点が心地よいです。

 

旅は、現実逃避にもなります。

色々と悩みが多いとき、本当の意味で頭の中を切り替えることができる人って、なかなかいないと思います。

少々乱暴ですが、環境を変えてしまうのが思考を変えるためには手っ取り早いです。

だから、旅行は簡単に頭の中を切り替えることができる、便利な手法です。

 

まぁ、基本的に予測不能性や初めての場所が苦手なので、旅行に行けばいったで大量のストレスに出会うのですが。。。

旅行を計画しているとき、旅行を思いだしている瞬間が一番幸せかもしれません。

あぁ、結局計画も思い出しも頭の中で完結することだ。

私はもっと、現実の、目の前のものに目を向けなければ…と思う。けど、難しい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

七(23)

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人/ライター。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。ミスiD2019参加中! *好き 料理、食べる、ハロプロ、田舎、詩、秋田