発達障害って、対人援助職に向いてる?

スポンサードリンク


発達障害って、対人援助職に向いてる?

 

 

 

YES

 

 

一概に「向いてる!」と言い切ることは出来ませんが、発達障害グレーゾーンの人間が対人援助の職場にいることには、大きな意味があると考えます。

 

 

 

 

対人援助職とは?

 

京都学園大学のHPhttp://www.kyotogakuen.ac.jp/department/psychology/contents2/ex1/ 2017125日閲覧)には、以下のように紹介されていました。

 

↓↓↓

 

A. 人を援助する職種(より直接的な援助)

◎医療・保健:医師、歯科医師、看護師、助産師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、

救急救命士、ソーシャルワーカー、心理士、歯科衛生士、視能訓練士、カイロプラクター、

柔道整復師、はり師・きゅう師、あんまマッサージ指圧師など

◎教育:教員、学童保育指導員、カウンセラーなど

◎福祉:保育士、児童指導員、心理士、介護士、ホームヘルパー、手話通訳者、ソーシャルワーカー、

相談員など

◎その他:裁判官、弁護士、検察官、警察官、消防士など

 

↑↑↑

 

こんな感じです。人と直接関わりながら、人を支える・助けるといった職業です。医師や弁護士は超高等な職業、超専門的な職業というイメージが強いのですが、教育系や福祉系の分野は割と誰もが身近に感じる職業、目指しやすい職業に感じます。

 

 

発達障害(特にアスペルガー系)の人は、共感性がない、人の気持ちが分からない等コミュニケーションの面に問題があると言われがちです。

 

と考えると、人と関わる職業は不向きに感じます。もってのほかって感じです。そう思ってました。

 

しかし、教育学部の保健室の先生を目指す課程で勉強しているうちに、「いや、発達障害グレーゾーンの人間は、対人援助職に向いているな。向いているというか、存在価値が大きいな」と思うようになりました。

 

 

大きな理由は、

・通訳者になれるから

・自分の経験を希望の材料にできる

・共感しすぎない

 

ということです。

私が在籍しているのが「養護教諭(保健室の先生)養成課程」というところなので、養護教諭を中心に考えていこうと思います。

発達障害の養護教諭という立場で考えたいと思います。

 

 

 

通訳者になれる

養護教諭は、一般の教員と子どもの間に入ったり、医者と子どもの間に入ったり、保護者と一般の教員の間に入ったり、「間に入る」ことが多いポジションです。

コミュニケーションが苦手とされる発達障害にとって、この「間に入る」ことは苦手なんじゃないかと思います。多分苦手です。自分の人間関係もろくに扱えないくせに、人間関係を調節するなんて、あー、無理。って感じです。

でも、学校に「発達障害の養護教諭」が存在する価値は大きいと思います。

 

学校生活が上手くいかない子どもの困り感を、実感をもって理解してあげられるのです。

もちろん、発達障害当事者でなくても、知識があれば理解はしてあげられるとは思います。支援もできます。

しかし、「養護教諭が自分のことを実感をもって理解してるか」、「実感はないけど理解してくれているか」、子どもには伝わるような気がします。

なんか、同族って、年齢が離れていても空気で感じるものです。

理論や知識って大切ですが、やっぱり「経験」って強いと思います。

自分の経験を踏まえながら、「先生も〇〇だったけどね、今こうして頑張って働いているんだよ」というのは、発達障害の先輩として身近な希望になれると思います。

 

 

 

共感しすぎない

上で書いたものと真逆に見えますが、発達障害の「共感能力の欠如」は、人の重い問題に向き合うカウンセラー的立場になるにあたって、長所になり得ると思います。

カウンセラーは、クライアントに寄り添うことは大切です。

しかし、支えるにあたって一番大切なのは、「共倒れしないこと」だと考えます。

 

共感能力が高すぎる優しい性格の人は、クライアントの相談内容に共感し、心を痛め、自分のことのように悩んでしまうかもしれません。一見優しくていい人に見えますが、「支える」という立場としては、ダメです。共倒れしていたら支えられません。

 

一方、共感能力が高くない発達障害の人は、クライアントの相談内容を聞きながら問題を把握していきますが、自分のことのように悩むことはないかもしれません。一見冷たい人に見えますが、「支える」という立場としては、これくらいで良いのです。これくらいが良いのです。発達障害のカウンセラーは、「安定性」という側面からすると向いていると思います。

(流されないための訓練は、誰しもされると思いますが…!)

 

 

 

ありふれた言葉ですが、ピンチはチャンス!っていう感じです。

 

弱みは、何よりも強みになると思っています。

まぁ、克服していない状態の弱みは弱みのままですが…。

弱み(発達障害の一般的な短所)を克服した状態は、±0の定型の人よりも強い!!!そう信じています。

短所こそ、長所になり得るのだ~。

長所として機能してくれるまでは、頑張ろう。

※ 専門性を身に付けるのは言うまでもなく大切

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

七(23)

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人/ライター。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。ミスiD2019参加中! *好き 料理、食べる、ハロプロ、田舎、詩、秋田