興味を持っているだけでも、存在価値はある。

スポンサードリンク


 

 

私は、とある児童福祉の現場で子どもと関わるアルバイトをしています。

アルバイトと言っても、嘱託職員という、いい感じの名前がついています。

 

私はずっと、子どもと直接関わる仕事をする人は、

「人を支えたい気持ち」

「優しい気持ち」

「共感する気持ち」

を持っていなければいけない、と考えていました。

 

 

しかし私はというと、

人を支えたい気持ちはありません。

自分の興味ありきで、関わる子どもはあくまでも「実験台」に近い感覚です。

「虐待を受けた子どもはどんな行動をするのか」

「性的虐待を受けた子どもは、本当に【偽成熟】的な様子を見せるのか」等

自分の疑問を確認するためにアルバイトを始めました。

子どものためなんて、役に立ちたいなんて、これっぽっちも思っていません。

(さすがに目の前で体調が悪くなった子ども、泣きだした子ども等には優しく対応しますが)

 

私はなんて冷たい人間だろう。

こんな人間がTHE現場にいていいのか?

もっと優しくて温かい人たちが働くべきだよな。

子どもと関わるのには適していない。

 

と思っていました。

 

そのことをある職員さんに話したら、

「そんなことない!興味を持っている時点で、ここにいていいんです。役に立ってるんです」と言われました。

【興味を持っている時点でいる価値がある】【ここにいてもいい】というニュアンスの言葉に、私は驚きました。

そして、一気に救われるような気持ちになりました。

 

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、

現場にいる人、管理職の人、研究者…

子どもと直接的に関わるかor間接的に関わるかの差はあれど、

どちらも子どもの役に立っているんですね。

当たり前ですが、改めて確認できました。

 

・現場にいる人(学校や施設の先生たち)→目の前の子どもを10cmずつ楽にする人。現在の子どもに向き合う人

・研究者(大学教授など)→世界の子ども全体を0.1mmずつ楽にする人。未来の子どもに向き合う人

 

そんな感覚かな、と思います。数字は適当ですが。

 

適材適所という言葉もあるし、当たり前のことなのですが、

【興味を持っている時点で価値がある】

のような表現は、とても新鮮に感じました。

 

 

アルバイト先の職員さん、本当に懐が深くて素敵な方です!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

七(23)

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人/ライター。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学卒。ミスiD2019参加中! *好き 料理、食べる、ハロプロ、田舎、詩、秋田