発達障害、アルバイトが続かない?

スポンサードリンク


こんばんは。ADHD・ASD(グレーゾーン)当事者のななです。

私はアルバイトをしているといつも思います。

早く辞めたい。向いてない。自分の無能さが浮き彫りになる。使えない人間だと思われてそうでモヤモヤする…。

私のアルバイト遍歴を紹介しながら、「発達障害とアルバイト」について考えたいと思います。

 

目次

① 某ドーナッツチェーン店

駅ビルなどに入っているドーナッツチェーン店。初アルバイトでした。THE接客業。

続いた期間

1か月

 

業務内容

注文、レジ打ち、器具の洗浄、お客さんへの声掛け など

 

発達障害に向いてない特徴

  • 同時作業の連続
  • メモをとる時間がない
  • 短期記憶の連続
  • むやみやたらな声だし
  • 上司の言ってることに一貫性がない、頭が悪そう
  • バックヤードが不潔
  • 「明るさ」を求められる

 

発達障害に向いてない特徴の詳細!

同時作業の連続

掃除をしながらお茶くみ、注文を聞きながら包装、会話しながらレジ打ち…

同時作業の詰め合わせです。あたふたしながらミスも多い、そんな状態でした。

 

メモをとる時間がない

発達障害は「短期記憶(ワーキングメモリ)が弱い」と言われます。
勉強の記憶力は悪くないのですが、数分前に「あれやっといて」と言われたことをすっかり忘れてしまうのです。
それをカバーするためによくメモをとるのですが、忙しくてメモをとる時間がありませんでした。
せっかく工夫の仕方を自分で把握しているのに、「工夫が許されない」「発達障害むき出し」の状態で仕事をしなければなりませんでした。

 

むやみやたらな声出し

「声出しが嫌だ」と言えば、ただのゆとり、NOT体育会系のせいだ、と言われるかもしれません。
しかし、発達障害は定型発達の人一倍「意図の分からない行動」が苦手なのでは?と個人的に考えています。

そんなに大きい声で、ばかみたいに、繰り返し繰り返しあいさつをする必要があるのかなぁ?と思ってしまいました。

 

上司の言っていることがバラバラ、頭が悪そう

これは発達障害に限らず、誰でも嫌ですね。アスペルガー的な特徴のある人は特に「一貫性の無さ」や「臨機応変」が苦手だと思うので、その場その場で上司に合わせることは難しいと思います。

 

明るさを求められる

これは発達障害云々ではなく、内向的な性格か、外向的な性格か、に由来するかもしれません
頭であれこれ考えるINTPの私にとっては、意味のない表面的な明るさを求められることは、不快そのものでした。

 

接客業は向いていない!間違いない!

 

 

 

② 某大手中学受験塾の受付・事務

2番目のアルバイト。このアルバイトで自分の社会性のなさ仕事のできなさに違和感を覚え、発達障害というこたえにたどり着きました。一番つらいバイトでしたが、発達障害と分かるきっかけになったのでよかったと思います。

 

続いた期間

約1年半(週2~3固定)

 

業務内容

保護者対応、電話対応、新規対応、クレーム受付、一般事務作業(講師へのメール、書類整理、パソコン入力、時間割作成、資料の印刷)、講師や保護者の間のとりつぎ

 

発達障害に向いていない特徴

  • 新規の人を相手にすることの多さ(保護者、講師、子ども)
  • 同時作業の連続
  • 作業を中断されることの多さ、自分のペースを乱される
  • 人の間をとりもつ
  • 電話
  • 例外が多い(マニュアル通りいかない)
  • ケアレスミスが許されない
  • スーツ着用

 

発達障害に向いていない特徴の詳細

新規の人を相手にすることの多さ(保護者、講師)

新規対応、しかもお金持ちのマダムの相手です。要求も多いです。発達障害はよほど売りたい商品がない限り、営業には向きません。大好きで仕方のない商品だけを売るなら、得意かも?

 

同時作業の連続

電話をとりながらメモをする、同時に新規のお客様が来校される、書類を探しながら講師の動きを見る…

同時作業というか、「あらゆることに気を配る」の連続でした。

ただでさえ空気が読めない、人の気持ちが読みづらい発達障害には、これらの業務は向いているわけがないですね。

 

作業を中断されることの多さ、自分のペースが乱される

発達障害は、自分1人で集中して物事を進めるのが得意です。(集中に関しては、ADHDの方はまたいろいろと特徴がありますが…)
同時作業が多い=作業を中断されることが多いです。
一度作業がストップすると、「あれ、今なにやってたっけ…?」となりやすいのが発達障害です。

 

人の間をとりもつ

発達障害はコミュニケーションの問題、と表現されます。コミュニケーションが苦手な人が多いです。1対1でもキツイ場面が多くあります。
人の間をとりもつというのは、1対1を積み重ね、時には数人に呼びかけ、優先順位を考え、人間関係を調整していくものです。

「気づいかい」「コミュニケーション」「空気を読む」「同時作業」等、発達障害が苦手とするものの詰め合わせです

 

電話

発達障害は電話が苦手な人が多いと思います。 ※別記事参照

 

例外が多い(マニュアル通りいかない)

アスペルガー系の人は、マニュアルがあると安心します。ないならないで、自由にできます。
一番面倒くさい(というか苦手)なのは、「マニュアルはあるが例外が多い」状態。
とにかく「臨機応変」が苦手

 

ケアレスミスが許されない

お客様相手の職業、それも高いお金をやりとりする場合、1度のケアレスミスが大きなミス、損失に繋がります。何重にもチェックが入る場合はよいのですが、私の場合は受付1人業務でしたので、私がミス=会社のミス、お客様へのご迷惑に直結していました。

スーツ着用

個人差があると思いますが、私は生地へのこだわりが強いタイプです。そのため、かたくるしいスーツが苦手でした。また、スーツの人を見ると学校を思い出して「怖い」と思ってしまいます。苦手です。

 

気遣いを要求される受付。同時に色々しなければいけない受付。向いていない!

 

 

③ 家庭教師

塾の受付と掛け持ちでやっていました。大学に通いながら週4固定でバイトをしていたなんて、今思うと無理していたなと思います…

 

続いた期間

約10か月(週2固定)

 

業務内容

中学生への指導(5教科)

 

発達障害に向かない特徴

  • 人の気持ちを想像しづらい
  • 勉強ができない子どもの気持ちに寄り添えない
  • マニュアル通りにいかない

 

発達障害に向かない特徴の詳細!

そろそろ、何が向いていないのか、皆さんお察しかと思います。

私が担当したのは、あまり勉強が得意ではない女の子でした。

一方、私は今までずっと、「勉強だけは得意な人間」として生きてきました。

そのため、「この子は何を分からないのかが分からない」という感じでした。

また、塾の一斉授業であれば、ある程度マニュアル通りに授業を進めるかと思います。

しかし、家庭教師は違います。目の前の子供がすべての基準。

思った通りに進まない。

理解してもらえない。

マニュアル通りにいかなすぎると、私はパニック気味になってきます。

向いてないですね。

というか、なかなか気持ちを分かってあげられなくて、成績を伸ばしてあげられなくて、ごめんね。と思いました。

 

④ 児童福祉施設での夜勤

現在も続けています。私にとって、1番精神的に楽で楽しいアルバイトです。(普通の人は辛くて辞めてしまうようなアルバイトかもしれません)

続いた期間

1年5か月目に突入。一応、まだ続けるつもりです。

理由は、お金がないから&嫌だけど耐えられる嫌さだから です。

業務内容

  • 2歳~中学生と一緒に過ごす(食事補助、遊び、運動、勉強、睡眠など)
  • 学校の先生的役割(日記の指導、喧嘩の仲裁、悩み相談、応急手当)
  • 雑務(書き物、掃除、見回りなど)

生活を共にする、という感覚。

虐待児や非行の子供ばかりなので、いわゆる「問題な子」が多いので、大変ですが!

それがまた面白いです。

 

発達障害に向いている特徴

  • 周りの職員がある程度発達障害に理解がある
  • 発達障害だらけ(子ども)
  • 仕事と言うより、ただ一緒に生活している感覚
  • ミスがミスに直結しない
  • 電話や新規対応がない
  • 子どもに必要とされる
  • ジャージ着用
  • 休憩時間が多い
  • 1回の勤務時間が長い

 

発達障害に向いている特徴の詳細!

  • 周りの職員がある程度発達障害に理解がある
  • 発達障害だらけ(子ども)

問題をかかえた子ども=発達障害の傾向がある子ども と考えると、この施設は発達障害の子どもだらけなのです。

ということは、職員も「発達障害慣れ」している

だから、とってもやりやすいです。

 

 

仕事と言うより、ただ一緒に生活している感覚

仕事といえば緊張してしまいますが、ただ生活しているだけのようなアルバイト。

気が楽です。

普通のバイトは緊張するので交感神経MAXフル活動→微熱 ということがよくありましたが、

このバイトは生活しているだけなので副交感神経が活動的になり、リラックスしていられます。

 

ミスがミスに直結しない

企業ではなく、県の施設。税金でまかなわれている施設。

ということは、「目の前の人とお金のやりとりをしなくてよい」ということ。

ちょっとくらいミスをしても、子どもが教えてくれる。職員が教えてくれる。

「金銭が絡まない職場」というのは、発達障害に優しい職場かもしれません。

 

電話や新規対応がない

パニックになる場面がない。

 

子どもに必要とされる

子どもは、少しくらい変なことをしたって、笑ってくれる。

自己肯定感が高まります。

 

ジャージ着用

スーツの生地は嫌い。でも、ジャージやスウェットの生地は好き。

だから、ジャージ着用がデフォルトなこの職場は過ごしやすい

 

休憩時間が多い

子ども達が寝る時間や仮眠等、何回かにわけて休憩時間があります。

緊張がほぐれる瞬間があるのはありがたいですね。

 

1回の勤務時間が長い

1回の勤務時間が長い=通勤時間が短い ということ。

このアルバイトは、1回16時間拘束。

もし1回4時間拘束だったら、週に4回も通勤しなければいけません。

でも1回16時間だから、週に1回通勤すればいいだけ。

余計なストレスが少なくてすみます。

 

結局、発達障害に向いていないアルバイトって何?

 

  • 見るからに忙しい仕事
  • お客さん相手で金銭のやりとりが目の前で行われる仕事
  • 小さいミスが直接のミスになる仕事
  • 気遣い、周りを見る力が要求される仕事
  • 同時作業が多い仕事

これらは特に避けるべきですね。

発達障害の特徴を考えると、いうまでもなく当たり前なんですけどね…!!!
これらを要求されないアルバイトを見つけるのって、かなり難しいですよね。

「発達障害に向かないバイト」は簡単に紹介できるのに、「発達障害に向いているバイト」はなかなか紹介できない。

発達障害の人の役に立つには、「発達障害に向いているバイト」を紹介できる人にならないとな!と思います。

 

 

 

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。