「優しさ」って、何?

スポンサードリンク


「優しさ」って、何?

 

本当の優しさって何なのか、考えます。結局、人それぞれとしか言えませんが…。

優しさを持って接した結果のありがた迷惑…

なんの気持ちもなしに起こした行動が結果的に人を助けた…

どちらが優しさなのでしょうか。分かりません。

気持ち重視なのか、行動重視なのか。両方を兼ね備えないと優しさと呼べないのか。人それぞれ違うと思います。

 

私は個人的に、優しさとは「中立であること」だと思います。

生きていく上で、中立になることって結構難しいです。

〇が×か決めて、それに従って理由を考える事は簡単なことです。

どちらの意見も尊重することも、簡単なことです。それぞれの立場に立って、思い巡らせばいいのです。考えをいったりきたりすれば良いのです。

しかし、どちらの意見もふまえた上で、同時に二つの意見を把握したうえで真ん中に立つって、難しいことです。

単純に自分を押し殺せばいいわけでもありません。自分を押し殺すのは、「無」です。無と中立は違います。

本当の意味で真ん中に位置することって、難しいです。(さっきからこれの繰り返し…)

 

視点を変えてみます。

一般的に「優しい人」って、どんな見た目でしょうか。

笑顔が多いでしょうか。温かい雰囲気でしょうか。活動的でしょうか。

では、一般的に「中立の人」って、どんな見た目でしょうか。

限りなく無表情に近いんじゃないか、と思います。優しさとは真逆の雰囲気なんじゃないか、と思います。

 

結局何を言いたいのか分からなくなってきましたが…

本質を突き詰めると、真逆のことがよく起こるような気がします。

本物になろうとすればなろうとするほど、本来のイメージから離れていく。

世界は矛盾だらけでよく分かりません。

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。