ストレスの原因

スポンサードリンク


は、

「やろうと思ってるのにやっていないことの量」だと思う。

実際の忙しさや時間のなさ、難しさではない。

やろうと意識しているのにやっていないことが、一番メモリを消費する。
【やろうと思ってるのにやっていない】とは、つまり

頭では分かっているのに行動していない、ということ。

その状態が一番良くない。

人間を分類すると、主に以下の4つになると思う。

 

 

①頭で分かっているし、行動もしている

→行動力があり頭もよいので成功する。

例:インフルエンサーと呼ばれる人達

 

 

②頭では分かっているのに、行動していない

→口だけ人間。大多数。

例:一般人。Twitterの文句屋さん

 

 

③頭で分かっていないけど、行動している

→動物的だけど結果が後からついてくる。失敗もしやすい。巻き込まれやすい。

例:みやぞん、出川、狩野英孝など(よく分からん)

 

 

④頭で分かっていないし、行動もしていない

→あほ。不幸なことに気付かないので不幸と呼べない

例:偏差値35くらいの人々

 

 

①になりたいものだ。②で終わりたくない。

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。