【青春18きっぷ】で千葉から秋田へ帰省してみた

スポンサードリンク


こんにちは。

秋田県出身、千葉大学在学中の七です。

お盆や年末年始は千葉⇔秋田を往復することが多いのですが、

いかんせん交通費が高い!!!!

これを見ていただくとお分かりかと思います。

(引用:http://gigazine.net/news/20160905-transportation-expenses-deformation-map/)

首都圏からの距離のわりに、秋田は交通費がバカ高いのです。

貧乏学生は気軽に帰省できません。

 

そこで、【千葉から秋田へ一番安く帰省する方法】を実践したので、紹介します!

一番安く帰省する方法は、【青春18きっぷ】を使うことです。

※ 今回、ヒッチハイクはカウントしません。公共交通機関限定です。

 

ちなみに~…





 

東京駅(又は新宿駅)~秋田駅までの交通費一覧

  • 飛行機…約20,000円(約1時間) 秋田にLCCなどありません。
  • 新幹線…18,140円(約4時間)  飛行機に負けず劣らず高い。
  • 夜行バス…4000円~7000円(約10時間) 安いけど時間がかかるね。
  • 在来線…8960円(約13時間) 夜行バスの方が時間・安さ共にましだね。

 

「安さ」「時間」「楽さ」の何をとるか?にもよると思いますが、

【新幹線】がオーソドックスな交通手段だと思います。

私も大学1~3年間、新幹線で帰省しました。

その回数、およそ12回。

帰省に30万以上かけていたなんて…ゾッとします。

 

大学4年生になり、「時間はあるけど金がない!」状態。

そこで、【青春18きっぷ】を利用することに決めました~1

 

 

青春18きっぷとは?

簡潔に説明すると、

一定の期間中であれば、2,370円で1日JR普通・快速列車に乗り放題

何歳でも利用可能(「18歳まで」と勘違いしている人が多いみたいです)

という素晴らしい切符です。日本であれば、どこへ行っても2,370円!あらやだ素敵!

 

発売期間

春:平成29年2月20日~平成29年3月31日
夏:平成29年7月1日~平成29年8月31日
冬:平成29年12月1日~平成29年12月31日

利用期間

春:平成29年3月1日~平成29年4月10日
夏:平成29年7月20日~平成29年9月10日
冬:平成29年12月10日~平成30年1月10日

発売場所

そこそこの規模のJRの駅、自動発券機があるJRの駅であればどこでも入手可能。

こんな感じ

1枚の切符を5回使う感じです。

5枚発券されるわけではありません。

詳しくはJR東日本のHPをご確認ください。

 

注意点

5回1セットなので、「帰省往復の2回分だけ購入したい!」みたいなことがができません。

5回1セットで11,850円。困りますね。でも、諦めるのはまだ早い!

 

1回分、2回分だけ入手するウラワザ

時期にもよりますが、金券ショップで「残り1回分だけ残っている青春18きっぷ」が売っていることがあります。

なので、

  • 1~2回だけ使いたい人→金券ショップ・ヤフオク等で必要な回数分だけ購入
  • 3~4回使いたい人→JRの駅で5回分を定価で購入→残りを金券ショップに売却

という方法をとるとgood。

 

ちなみに私は

4回使用した後、残りの1回分を千葉駅の金券ショップで売却しました。

売値は【1800円】

お盆明けは需要が減るため、安値になります。

 

 

千葉~秋田までのルート

 

私が住んでいるのは、大学最寄りの西千葉駅。快速線は通っていません。

所要時間約14時間、乗り換えは9回

ちなみに14時間あればヨーロッパはアメリカまで行けちゃいます。

 

やってみて気づいたこと

  • 田舎に行けば行くほど電車の本数が少ない→待ち時間が長い!
  • 乗り換え時間によってはなかなかトイレに行けない!
  • 昼食・夕食を電車内またはホームで食べなければいけない!
  • 西千葉~山形県突入までは6時間台、山形県~秋田県までは7時間台
  • 山形にて時空のゆがみを感じる(山形長すぎない?なんなの?)
  • 山形が嫌いになる
  • ラストの「新庄駅~秋田駅」の3時間でスマホの充電が切れる

 

アドバイス

トイレのタイミングはあらかじめ決めておきましょう

特に夏場は、トイレに行けない→あまり水分をとらない→脱水 スパイラルになるので、要注意!

昼食・夕食の準備を

新庄駅や米沢駅はわりと栄えていて、食事をとる場所もありました。

往路の夕食は新庄駅の喫茶店ちぇれんこにて。

復路の昼食はラーメンわこう(米沢駅)にて。気分転換!

駅によってはNEWDAYSもないので、食料はあらかじめ持参した方がよいと思います。

スマホはポータブルのバッテリーを持参

最後の方は、孤独感にさいなまれます。

荷物は軽く

福島県に入ったあたりから、エレベーター・エスカレーターが急に消え始めます。

青春18きっぷで帰省する場合、キャリーバッグ<<<<ボストンバッグの使用がおすすめです!

 

 

 

「新幹線高すぎだろ!」と思って帰省できない秋田出身の大学生の皆さん、

青春18きっぷを使って帰省してみてください。

体力レベル最底辺のゆとり女子でもできたので、是非~~~~!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。