発達障害同士は惹かれ合う

スポンサードリンク


理由

「困りごと」が似ているから

 

発達障害は、心の問題ではなく、身体の問題。

だから、「身体の都合」による困難さが似てる。

例えば、足の不自由な人は、おんなじ所で困る。

「階段が困るなぁ」という困りごとが共通している。

 

それと同じように、

発達障害の人も、おんなじ所で困る。

例えば、「体調が優れないなぁ」という困りごとが共通している。

「聴覚が過敏すぎて、人の集まるところにいられないなぁ」という困りごとが共通している。

 

現実の生活における困りごとが似ているので、一緒に住みやすいと思う。

そして、惹かれやすいと思う。

 


一方、メンヘラ系の人同士は惹かれ合うものの、一緒にいるべきではない。

確かに、メンヘラ同士は「考え方」「性格」が似ているために、一気に惹かれ合う。

だけど、「生活」が破綻すると思う。

 


 

「困難さ」と「欠点」の違いについて

 

【困難】物事をするのが非常にむずかしいこと。また、そのさま。難儀。苦しみ悩むこと。苦労すること。

【欠点】不十分で,補ったり改めたりしなければならないところ。非難されるべきところ。短所。

困難さと欠点って、私の感覚では違う。

困難さ…難しいけど、自分や周りの努力があれば乗り越えられるもの。

欠点…どうあがいてもマイナスにしか作用しないもの。

発達障害っていうのは、どの症状においても欠点ではなくて、あくまでも困難さなんだと思う。

 

その「困難さ」が似ている人同士って、惹かれ合うように思う。

 


まとまりのない文章になってしまったので、後で整理します…!




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。