発達障害は、空気が読めない?

スポンサードリンク


こんばんは。発達障害(グレーゾーン)当事者として、発達障害の人の「空気の読み方」について書きたいと思います。

一般的に、発達障害の人は「空気を読むのが苦手」と言われます。

個人差はありますが、特に自閉症スペクトラム障害圏(アスペルガー等)の人は空気を読むのが苦手。

 

しかし、「空気を読む」とは一体なんのことを意味するのでしょうか。

空気とは何か?雰囲気のことか?言葉から察する能力のことか?…

 

空気の読み方には、3種類あると考えています。

 

 




①自動で空気が読める人(普通の人)

普通とは、いわゆる「発達障害ではない人」、専門用語でいうと「定型発達の人」のことを指しています。

普通の人は、

  • 雰囲気で状況を察することができる。
  • 言葉に頼らなくても、ある程度空気を読める。
  • 頭でぐるぐる考えてるわけじゃない。空気を感覚的にとらえている。

 

その場の空気を察して、人の行動を読み、次の行動をする。

気遣いができる人、という感じです。これが「発達障害ではない人」。

 

 

②手動なら空気が読める人(発達障害グレーゾーンの人)

私のような、発達障害グレーゾーン、発達障害の傾向がある人はこの部類です。

  • 雰囲気を察することは苦手。
  • 言葉を何度も受け取り、「Aさんはこう言った。だからきっとこういう意味だ。その次にBさんはこう言った。だからこれはきっとこういう意味だ。さらにAさんはこう言った。これはこういう意味だろう。だから今、こういう状況なんだろう」という変換がたくさんわれた上で空気を読む。予測が合ってる。
  • 理詰め。言葉を字面通りに受け取り、予測することの繰り返し。
  • 言葉に忠実に生きている

 

この人たちは、本当の意味で空気を読めていません。

空気を読めないことを、持ち前の「言葉への忠実さ」で補っている、というイメージです。

見かけ上、とくに問題なく空気を読めているように見えるかもしれません。

でも、頭の中は、手動での変換がめまぐるしく行われています。

 

①(発達障害でない人)が全自動洗濯機だとしたら、

②(発達障害グレーゾーン、発達障害の傾向がある人)は、全自動洗濯機の中でめっちゃ急いで手洗いしている感じです。めちゃめちゃ疲れます。見かけ上は全自動だけど、中では高速手洗い。人には苦労が見えないからこそ、気づかれず、疲れてゆきます。

 

 

③自動はもちろん、手動でも空気が読めない人(発達障害の人)

  • ②(発達障害グレーゾーン、発達障害の傾向がある人)のように言葉から状況を予測しても、予測が外れる
  • そして、空気が読めない認定をされる。
  • 空気をそもそも読もうとしない。読まない。

②と③の線引きは難しいのですが、②が軽度、③が重度と考えると分かりやすいと思います。

②は一見空気を読めているように見えますが、③は明らかに異質。空気を読めていない。周囲から見ても分かるレベル。

 

 

まとめ

何が言いたいのかというと、

②(発達障害グレーゾーン、発達障害の傾向がある人)って、見かけ上普通かもしれないけど、実はめっちゃ疲れるよ!っていうこと。

③(発達障害の人)は分かりやすいけど、実は②(発達障害グレーゾーン、発達障害の傾向がある人)の人口って多いんだよ!っていうこと。

 

 

空気を読むことが重要視されない世の中になるといいなぁ、と思います。

全部、言葉でやりとりしたい。

「察する」のって、難しい!

 

 

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。