発達障害者が農業をするべき6つの理由

スポンサードリンク


この記事は、リライトです。

元々「メンヘラにとって農業は療養になり得るか?」というタイトルでしたが、「発達障害者が農業をするべき〇つの理由」というタイトルに変更し、加筆しました!

 




発達障害者に農業をすすめる6つの理由

  1. 太陽光を浴び、規則正し生活ができる
  2. 自己効力感の向上に繋がる
  3. 対人ではなく対物のため、わずらわしい対人コミュニケーションが少ない
  4. クリエイティブさと地味な作業のバランスがほどよい
  5. 心身をバランスよく鍛えられる
  6. ひとつひとつの作業に根拠があり、合理的である

 

※個人的な考えであり、科学的根拠はありません。

「芸術じゃない限り、科学的根拠のないものには価値がない」と考えているので、今後根拠をつめなきゃな、と思い中。

 

では、ひとつずつ説明したいと思います!

 

 

1.太陽光を浴び、規則正しい生活ができる

うつ病の治療でも光療法があるように、太陽光には「体内時計をととのえる」効果があります。

この時期の日光はとても暑いですが、それ以上に「すっきり感」を感じます。

 

発達障害の人、特にADHD系の人は生活リズムを崩しやすく、生活がぐちゃぐちゃになりがちです。

太陽光を浴びることは大切。

でも、早起きは難しい。

だから、早起きの理由を作っちゃえばいい!

 

また、野菜を育てる以上、日中に作業する必要があります。

そのため、太陽基準の生活・野菜基準の生活=朝型の生活になります。

狩猟採集をしていた時代から、人間は基本的に朝型にできています。

「夜勤に慣れてるし~」という人もいると思いますが、人間、夜勤は向いていません。

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

 

現代、特に都市部では、町全体が「24時間営業」。

そのため、誰かが夜中に働かなければなりません。

 

反面、田舎は違います。

近所のスーパーは、9時~19時45分の営業。

夜中に働く必要がありません。

太陽に逆らわず、太陽に従って活動することは、生物として自然なことなのだと感じる日々です。

人間が自然界の頂点ではなく、あくまでも自然の一部なのだなぁと感じることができます。

農業をすることは、(スピリチュアルな意味ではなく、)生物として健康になれる!

 

2.自己効力感の向上に繋がる

土を自分で耕し、世話をし、収穫し、出荷するあるいは食べるという一連の流れは【自己効力感】の向上に繋がります。

継続してやってきたことが「野菜」という目に見える形で表れることは、「自分は出来る」という意識に繋がります。

しかも、その野菜が自分や家族の生活に役立つのです。

食費を抑える効果もあり、出費が減ります。

 

 

3.対人ではなく対物のため、わずらわしい対人コミュニケーションが少ない

発達障害の人は一般的に、「コミュニケーションをとるのが苦手」と言われています。

しかし今の時代、ほとんどの職種が「コミュニケーション重視」です。

実際の能力(教師の「教える」、営業マンの「商品知識」、介護士の「介護スキル」など)以上に「コミュニケーション能力」が重視されます。

発達障害の人は、様々な興味や関心を持っています。高い能力を持っていることも多いです。

しかし、コミュニケーション能力が低い(非発達障害者と合わない)ため、能力を発揮できずに見過ごされている可能性もあります。

 

「コミュニケーション能力」という答えのないものを求められがちな世の中ですが、

野菜と人間の間にコミュニケーション能力は必要ありません。

確かに、周囲の人との関係性においてはコミュニケーションが必要です。しかし、野菜と私という関係性においては、空気を読むこと、瞬発的な気遣いをすること等は必要ありません。

目に見える野菜に向き合い、必要な作業をこなし、淡々と作業が進みます。

目の前にあるものにただただ向き合う、仕事が目に見える、という所が農業の良い所かな、と感じています。

 

4.クリエイティブさと地味な作業のバランス

毎年作物を変えたり、品種を変えたり、使う道具を変えていくという点では【クリエイティブ】です。

しかし、実際の作業は淡々としていて、【地味な作業】が多いな、という印象です。

この「淡々」「地味な作業」が発達障害には大切だと感じます。

(※ ADHDで極度の飽き性の場合、「淡々とした地味な作業」は苦手かもしれませんが…)

暇があると、余計なことを考えてしまいます。

手がとまると、頭ばかりが動きます。

農業は身体を動かすため、身体が暇になりません。

気が紛れて、良い作用がある。と思います。

 

5.心身をバランスよく鍛えられる

発達障害の人は、運動機能の問題を抱えていて、身体の動かし方が不器用であることがあります。

(【感覚統合】等と呼ばれる分野の話になります。)

身体の動かし方が不器用→運動をしたくない→運動をしない となり、「運動が嫌い」という発達障害の人は多くいます。

しかし、運動はスポーツだけではありません。

身体を動かすということが大切なのです。

農業は全身を使うため、いい運動になります。(腰が痛くなったりもすると思いますが…!)

「スポーツが苦手」な発達障害の人も、農業でバランスよく身体を動かすことができる!

 

6.ひとつひとつの作業に根拠があり、合理的である

発達障害の人(特に自閉症スペクトラム圏内の人)は、「理由が不明なものを頑張ることができない」という特徴を持っています。

例えば、会議。

既に裏を通してほぼ決まっている事柄も、日本では「会議」を通して決められるような風潮が残っています。本当はもう決まっているのに。会議なんてなくたって、結果は決まっているのに。時間の無駄です。空間の無駄です。開く理由のない会議。

反面、農作業には、ひとつひとつの作業に根拠があります。

例えば、収穫作業。

作物によって、残す「ヘタ」の長さが違います。

その理由は、鮮度を保つため、他の作物を傷つけないため等様々です。

これらの理由を把握していれば、「は~、この作業意味ないじゃん。イライラする。できない。やりたくない。」という気持ちにはならないはずです。「鮮度を保つため、短く切る!」と、シンプルで分かりやすい理論です。

 


まとめ

発達障害の人は、社会人になる時に問題が顕在化しやすいと言われています。

それはその人の能力が低いわけではなく、単純に「その仕事が合っていない」「その仕事が向いていない」のです。

発達障害の人の就業先のひとつとして、「農業」を考えてほしい。

「農業ならギリできる」という発達障害の人がいるはずです。

さらに、農業は仕事だけでなく、療養にもなり得ると思います。

ひとつひとつの作業に根拠があり、合理的である。

仕事兼療養。素晴らしい選択肢!人生を豊かにする選択し!

 

 

 

また、「自分はアスペだ」「社会不適応だ」といったように、診断はついていなくとも「自分は発達障害なのではないか?」と感じている人います。

「社会不適応」と自分にレッテルを張らずに、農業を通して自分の心身が心地よい居場所、暮らし方を見つけてほしいです。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。