【田舎めぐり第1弾】堀元見さんが村長の「あの村」潜入レポブログ!

スポンサードリンク


こんばんは!

polcaで交通費4500円を集めて、無事にあの村に行くことができました。ななです。

支援してくれた方、本当にありがとうございました!

 

polcaの記事はこちらから》初polca達成!あの村へ行ってきます。

 

高知で田舎に感化され、来年から新卒田舎暮らしを始める予定です。

その拠点探し、面白い場所探しとして始めた田舎めぐり企画!

第1弾は、あの村!

9月30日~10月1日の一泊二日で潜入してきました~!

「あの村って結局、何をしてるの!?」「どんな暮らしをしてるの!?」などをまとめました!





 

あの村ってどんな場所?

あの村は、「リアルDASH村」。

ゼロから村づくりをするプロジェクトです。

参加者(村民と呼びます)は移住するわけではなく、たまに村に行ってはDIYをしたり、畑をしたり、まったりしたり、自由に過ごせます。

あの村HP》あの村プロジェクト公式サイト

あの村ブログ》ムラマガ

 

 

あの村の主な住人は、村長(ハンモックの人)。現在は新卒野蛮人という人もいるようです。

 

 

 

あの村ってどこにあるの?

あの村の所在地は、千葉県鴨川市。

最寄駅は保田(ホタ)駅。

と言っても、駅からあの村までは車で40分ほどかかりました…!

事前にお願いすると、村長(@kenhori2)が送迎をしてくれます^^

 

保田駅までは

  • 都心から電車で約2時間
  • 千葉駅から1時間ちょっと かかります。

 

 

ガス水道風呂がない!?あの村での暮らしを紹介!

あの村はリアルDASH村、なんでも好きなことをできる!

…と言ってもイメージが湧かないですよね。

 

泊まり込みで潜入してきたので、あの村の暮らしをレポートします!

 

 

衝撃のシャワールーム

あの村にはお風呂はありません。

あるのはこれ。シャワールーム!

sdr

シャワールームと言っても、縦長のテントの中に水の入ったポリタンクが置かれているだけ。

 

なな「お湯でませんよね?」

村長「水ですね^^」

なな「ですよね^^」

 

でも皆さん、「お風呂がないとか無理!」とあきらめないでください。

 

発見!ドラム缶風呂

村の奥の方へ行くと、なんとドラム缶風呂がありました。

私が潜入した時は作製途中で入れませんでしたが、もうじき入れるでしょう。

だから、大丈夫!

※村長はお風呂好きのため、しょっちゅう温泉に行っているらしい。

 

 

トイレは3種類から選べるよ!

①水洗トイレ

あら綺麗!村の居住スペースからは10分弱ほど離れていますが、普通の水洗トイレです。平和。

 

 

②穴

トイレこと、「穴」。

居住スペースの近くに掘られた穴です。

縦長テントの中に穴があります。

徐々に野性化しつつあるななちゃんは、この穴で2回ほど用を足しました。

 

③その辺

男性はその辺で用を足している人が多かったです。

解放感があって、堆肥にもなって、一石二鳥!

 

 

電気、通ってる?

通っていません。

でも、ソーラーパネルがあるので多少は電気使用可能とのこと。

懐中電灯&ポータブル充電器、必須!

 

 

ガス、通ってる?

通っていません。

調理は基本、火。

 

五感を使っての調理は非日常的で高まりました^^

 

 

水道、通ってる?

ない。

川の水&買ってきたミネラルウォーターを使用!

川の水、豊富。

 

 

そして、御覧の通り、流しがありました~!なんにも不便はありません。

この容器、高知の農業インターンで使った液体肥料を思い出す…

 

 

どんな物を食べるの?

私が潜入した2017年9月30日~10月1日のメニューは

夜:BBQ、金谷産あじの塩焼き、鍋

sdr

 

朝:ホットサンド でした!

 

外で食べるご飯、ハマりそう。

 

 

寝床は?宿泊施設があるの?

あの村にある建物らしい建物は、村長が暮らす小屋くらい。

小屋は多分6~7帖。

 

 

 

 

「私の小屋よ」と言わんばかりの我が物顔。

※現在は建物が増えているそうです。(追記:2018年4月23日)

 

 

じゃあ、宿泊者はどこに泊まるのか?

 

 

これ、テント!

あの村での生活は、ほぼキャンプと言っても過言ではありません。

このテントの中ですやすや眠りました。

 

すや~

 

 

 

すやすや~

 

 

おはようございます!!!

 

 

 

 

あの村!ワクワクしたことBEST3

第3位 あの村!ファイヤー飯

普段のガスコンロやIHを使った料理とは全く別物でした。

パチパチする音、燃料が燃えるにおい、炎のゆらぎ、いぶされた感のある味、炎のあったかさ…

五感をフル活用して食べ物を食べた!って実感しました。

外で食べるご飯って、なんであんなに美味しいんだろう

 

 

 

第2位 ハンモックで昼寝

人生初のハンモック。

ニレの木の隙間から見える青い空、白い雲。時々飛んでく飛行機。横から聞こえるヤギ・シロミ♂の鳴き声。

 

 

最高としか言いようがない!

昼寝するためだけにお金を払ってもいいレベル!!!

 

 

第1位 天体観測

周りに建物のないあの村。

居住スペースにさえ灯りのないあの村。

天体観測にはうってつけの場所です。

そして、なんと、流れ星を見ました!

それも、おっきくてオレンジ色のやつ!☆彡の「彡」がしっかり見えるやつ!

5秒くらい見えました!特大流れ星!!!

残念ながら写真には撮れませんでしたが、写真では収まらないからこそ見に行ってほしいです。

 

 

と思っていましたが、あの村から見える星空の写真を入手しました!

撮影・提供してくださったのは、あの村の村民であり、屋根取り付け担当の佐藤さん。

あの村の星空はこちらから》あの村から見える星空360°

満天の星空をご覧いただけたでしょうか?

まるでプラネタリウム。あなただけのプラネタリウム。

ぜひ、実際の目で見てほしい!!!

 

 

あの村でできること

あの村ではなんでもできる!

私はのんび~りのんび~り読書などして過ごしていましたが。

 

 

村民さんはDIYをしている方が多かったです。

荷物置き場の屋根を取り付けたり…

 

竹を切ってコップを作ったり…

畑の柵を作ったり…

DIYの能力がめちゃめちゃ高かったです!

 

 

映画だって見れる!

 

あの村体験料金

  • 日帰り:3000円
  • 宿泊:5000円
  • 駅までの往復送迎費:2000円(1組あたり)

※ 村民は、すべて込みで月額6200円

手ぶらキャンプ&ご飯&面白い人達とのお話でこの料金だと考えたら、安いのでは…!!!

過ごしやすい季節、ぜひあの村へ!

 

 

あの村までの交通手段

  • 電車…JR保田駅から車で40分
  • フェリー

 

 

まとめ

あの村の実態が少しお分かりいただけたでしょうか?

本当にゼロからすべてを作っていく、あの村。

子どもに様々な体験をさせたい親御さん、自分でなにかを作りたいけど土地や環境がない人、自然の中で暮らしてみたい人はぜひ足を運んでみてください!

 

あの村HP》あの村プロジェクト公式サイト

 

スポンサードリンク


1 個のコメント

  • 屋根取り付け担当のさとうです(笑
    あの村、ぽわ~んってできてよいですよね
    星空の全天球360度カメラの写真リンクを貼っておきますね
    https://theta360.com/s/qfRMXR3V9EOKc1Ze9plLbloJg
    あのときの流れ星を思い出すのに使ってください(笑
    あと、ご連絡いただきましたら、単管パイプ杭を打ち込んでる写真と動画をお送りしますね
    では、いつの日かどこかでお会いしたときには、また遊んでくださいませ

  • ABOUTこの記事をかいた人

    田舎暮らしの詩人 ななさま

    どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。