人間関係は「浅く広く」と「深く狭く」のどちらが幸せか?

スポンサードリンク


結論は、「広く浅く」。

 

私の経験

私は今まで、「狭く深く」派で生きてきた。
クラスに2人くらいの仲良し+彼氏がいて、それ以外は「知り合い」程度。悪く言えば依存的関係。「一人でいる時間」よりも「誰かと二人でいる時間」が多かった。浅い人間関係なんて、構築したところでどうするんだ?意味なくない?と思ってた。

でも最近は、「広く浅く」にシフトチェンジしている感がある。

意識したわけじゃない。いつの間にかそうなってた。「広く浅く」は、「必要な時だけ必要な人に会う」という合理的な人間関係。さっぱりした人間関係。

依存してないから、一人でいる時間が長い。必要な時にしか人に会わない。2年に1回会えば十分な人もいる。3年に1回の人もいる。それでも、久々に会っても緊張したりはしない。

 

 

久々に会っても緊張しない理由は、二つある。

1つ目は、たいていの人がSNSで繋がっていること。3年ぶりに会うっていったって、毎日インスタで見てるもん。急に化粧が濃くなったわけじゃなく、過程を見てるから、違和感なんてない。

2つ目は、「久しぶり~!」ばっかりのせいで、「久しぶり~!」慣れしてる。A君に久しぶりに会うのも、B君に久しぶりに会うのも、そう大差ないと感じる。相手が元カレや好きな人だったら、また違ってくるんだろうけど。

そう考えると、現代において「深く」付き合う必要はあるのか?という疑問もわいてくる。会わなきゃ得られない情報がかなり少なくなっている。オンラインで十分。

だからこそ、「オンラインでも満たされないほど会いたい」という強い気持ちが浮き彫りになるのかもしれないけれど。

会う必要がない→それでも会いたい人は特別な人 って、分かりやすく区別されるのかもしれない。

 

研究ではどんな結果?

どんな人間関係を構築すると幸せを感じるのか?について、「幸せのメカニズム」という本に書かれている。

友達が多いかどうかは幸福にあまり関係ない。一方、多様な友達がいることは、幸せに影響する。同じような友達がたくさんいる人より、多様な友達がいる人の方が、幸せな傾向がある。つまり、いろいろな職業、いろいろな年齢、いろいろな性格、いろいろな国籍の友達がいる人の方が幸せを感じる。

広く浅くてもいいから、いろんな種類の友達を取りそろえた方が心が安定する。視野を広くしていよう、ってことか。

 

そう考えると、モノガミーよりもポリアモリーの方が安定しているのではないか?定住よりも、何拠点ももって生活する方が安定しているのではないか?一つの職業にこだわらず、様々な仕事を掛け持ちする方が安定なのではないか?となってくる。

幸せ≒安定だけどね。

今の時代、「安定」の中身が変わってきている。
安定とは、一つを独占し続けること、独占され続けることではない。それはいつか崩壊するかもしれない。
安定とは、リスク分散。安定とは、多様さを知って、多様さを生活に取り入れることから始まる。
従来の安定(公務員、死ぬまで一つの会社)などは、もう安定じゃない。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。