新卒フリーランスになって若干詰んでる私がまだ精神を保てている理由

スポンサードリンク


田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)です。新卒でフリーランスという働き方をしています。

進路関連の記事はこちらのnoteから》七のnote【進路・フリーランス】

せっかく軌道に乗り出したライティングを「やりたくない」という理由で辞めました。

「やりたくないことはやりたくない」というわがままスタイルで生きているせいで、日々興味が移り変わり、お金も安定しない生活です。

それでもライティング(生命線)を断ち、ブログや詩作(短歌含む)に注力してしまう危ない人。

自分でも「やばいな」と落ち込むこともありますが、しばらくはこのスタイルで生きる予定です。

 

【関連ブログ】》新卒フリーランス1ヶ月目の感想「うーん…」





 

破茶滅茶な生き方を続けられる理由は2つ

破茶滅茶な生き方をしているように見えますが、一応セーフティネットというか、セーフティネット的な考えがあるのでこの生活ができています。それは

  • 様々な選択肢を知っていること
  • ネットで知り合った全国の人が、どんどん実際の知り合いになっていること

これに尽きます。抽象的で分かりづらいですね。後で詳しく説明します。

怖いもの無しとは言いませんが、「死ななきゃどうにでもなる」という感覚が強いです。

私を例に、「どんな生きる方法があるのか」を紹介します。

 

この記事の対象者

  • 私の暮らし、生活、人生に興味がある人
  • フリーランスという生き方に不安がある人
  • 仕事を辞めたら死ぬと思ってる人

宛てもなくフリーランスになるのは不安だと思います。ちょっとあほです。私はほとんど宛てもなくフリーランスになってしまいました。あほです。

仮にフリーランスとして思うようにいかなくても、「意外とどうにでもなる」と伝えたいです。

※フリーランスがおすすめ!という訳ではありません。一般的な社会に適応できるのなら、会社員や公務員になった方がいいと思っている人間です。

フリーランスフリーランスってうるさいですね。

 

記事を読むと何が分かるか

  • 私の謎のタフさの理由
  • 意外と知らない(?)生きる方法
  • 私がいかに人との繋がりに救われているか、いかに一人では何もできないか
  • 意外と死なないこと

家族がいる、ローンの返済がある、病気をしている等の方は破茶滅茶な生活は無理かもしれません。独身で、ローンは無くて、健康な方はわりとどうにでもなると思います。

 

持ち物・資質が7個+αあるよ

破茶滅茶な私ですが、たぶん本当に何もない訳ではありません。自分では見過ごしていた強みがありました。セーフティネットと言えるかもしれません。

 

1.MacBook (整備品、買ったばかり)を持っている

セーフティネットとは違う。必須アイテムという感じです。今まで使っていた大学生協ダイナブックが壊れて途方に暮れていたところ、知り合いが投資としてMacBookを買ってくれました。ありがたすぎます。今はパソコン一つで仕事をしているので、パソコンが命綱です。

 

2.教員免許を持っている

1ヶ月半前に千葉大学教育学部を卒業したばかりです。養護教諭1種免許状という免許を持っています。

 

3.ライティングで月に10万稼いだ経験がある(クラウドソーシングサイトにて)

※前列中央の青い服のお兄さんと3列目のバンドマンっぽいインテリお兄さんの真ん中にいるのが私です。

今年の2月、大学在学中に田舎フリーランス養成講座という1ヶ月の合宿型の講座で10万円稼ぎました。

誰かから直接仕事をもらった訳では無く、クラウドソーシングサイトから受注した仕事だけです。クラウドソーシングサイトには以下のようなものがあります。

在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】

▶︎サグーワークスについての記事を書きました⇨未経験でも大丈夫!【サグーワークス】で編集の仕事を始めよう

CrowdWorks

 

4.Twitterフォロワー1400人、noteフォロワー200

去年の8月は20人くらいだったフォロワーさんも、気付けば1400人を超えていました。

実際に会ったことのある(というか、自然に遭遇する)フォロワーさんもたくさんいます。

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

 

5.前のバイト先(児童養護施設)のつながりが強い

最近はシフトに入っていませんが、まだ籍があります。バイト先の人と遊ぶこともあり、仲良しです。

 

6.田舎フリーランス養成講座のつながりが強い

2月に講座を受け、そのまま移住しました。今はいなフリ関係者との関わりが多いです。普段関わる人は、大抵いなフリ関係者です。

いなフリ関連記事》【いなフリ失敗談!?】10万稼いだけど…移住したけど…【田舎フリーランス養成講座体験談】

 

7.田舎に住む知り合いが全国にいる

大学4年の後半にpolcaで支援してもらいながら様々な場所を巡ったので、全国に知り合いがいます。地域おこし協力隊の人、地域で頑張る若者、フリーランスで生計を立てている人など。

頼りになる知人が沢山います。

 

その他:安い家賃、意外とタフな性格など

  • 秋田の実家(持ち家)
  • 家賃12500円の古民家暮らし
  • どこでも寝られるタフさ
  • 基本ポジティブ

大学時代に2年間やっていた養護施設のアルバイトは、夜勤でした。

2〜6歳の幼児にまみれて夜泣き対応しながら仮眠したり、学校の廊下のような場所に布団を敷いて寝たりしていたので、どこでも寝ることが出来ます。劣悪な環境、質の悪い睡眠に慣れています。繊細と見せかけて、多分わりとタフです。

辛いことはすぐに忘れるという恐ろしい忘却能力も持ち合わせています。意外と、全然、ネガティブじゃない。

 

詰んだ場合、どんな方法で生きていくつもりなの?

10個のセーフティネットと思わしきものがあります。

ブログやnote収入でどうにもならなかった場合、どうやって生きるつもりなのか?見てみましょう!

 

生きる方法一覧

  1. ライティングに戻る
  2. 金谷移住プログラムを利用する
  3. リゾートバイト、季節労働を組み合わせる
  4. 大学時代のバイト先(児童養護施設)で働かせてもらう
  5. 教員免許があるので臨時で講師になる
  6. 地域おこし協力隊に応募する
  7. 実家に住んで固定費を極限まで下げる
  8. 知り合いの家を転々とする
  9. 普通にバイトをする、就活をする
  10. フォロワーさんに支援してもらう

一つずつ説明します!

 

1.ライティングに戻る

いなフリで10万稼ぎました。4月も「あー、今月作業してない…」と言いながらも7万くらいは稼ぎました。クラウドソーシングだけでも10万くらいならいけると実感を持って分かっています。

さらに、今所属しているコワーキングスペース【まるも】でも仕事がもらえるようです。

ライティングは好きじゃないけど、やると決めたら出来ます。

》【コワーキングスペースまるもについてはこちらから】《

 

2.金谷移住プログラムを利用して13万円/月の収入を得る

私が住んでいる地域の移住プログラムが素晴らしいのです。3日レストランで働くと、10万の給料がもらえる+家賃無料+コワーキングスペース料無料になります。週3勤務で実質13万円もらえるプログラムです。シフトも前の週に決めるので、融通が効きやすいらしい。

飲食にはあまり興味がないですが、週3日なら出来なくもないと思います。

日帰りや一泊でも見学できるので、金谷に興味がある方や人生詰み過ぎている方はぜひご覧ください!

》【金谷移住プログラムについてはこちらから】《

 

先日、金谷移住プログラムのサイトの運営に携わる方にインタビューされました。

私のインタビュー記事はこちらから》【いかに寄り道できるかが人間の楽しみ】24歳女性・新卒フリーランスに聞いた

 

3.リゾートバイト等の季節労働をする

  • 海の家
  • 旅館
  • スキー場
  • 酒造
  • 農家

などで季節限定の住み込みバイトをする人に沢山出会ってきました。季節労働を組み合わせれば死なない。賄いがつく上に、家賃0円が多いので、収入のほとんどを貯金に回せるそうです。

私は

  • 見知らぬ土地に住むのが好き
  • 旅と定住の中間の生活がしたい
  • 家族が出来たら住み開きの宿をしたい

という欲求があるので、宿で働いてみたい気持ちが強いです。早速、8月に高知の大好きな宿で住み込みバイトをする予定です。

リゾートバイトについては、せっつん@setun61のブログに詳しく書かれています。

》【せっつんのブログはこちらから】《

 

4.大学時代のバイト先(児童養護施設)で働かせてもらう

シフトには入っていませんが、今も籍があります。

施設には非常勤を含めて様々な職種があるので、筆記試験などを受けなくても勤務可能です。

人が足りていないようなので、シフトに組み込んでもらえばすぐに働けます。

職員さんも知り合いばかりなので、働く敷居が低いです。また、千葉県内に姉妹施設みたいなものが多くあるので、紹介してもらえるようです。

 

5.教員免許があるので臨時で講師になる

教員免許があるため、学校で働くことができます。産休に伴う臨時の講師などを含めると、結構求人があるようです。

保育園や児童養護施設でも重宝する免許なので、将来パートとして勤務するのもアリかなぁ、と考えています。

私みたいな先生嫌だけど…!

 

6.地域おこし協力隊に応募する

地域おこし協力隊は、地方自治体で募集される職員です。職種は農業などの第一次産業から観光などの接客、商品開発など様々です。

》【地域おこし協力隊について】《

随時募集しているところもあるので、気に入った土地があれば今から応募することも可能です。場所によって待遇もまちまちで色々と大変そうですが、とりあえず15万~20万もらえることが保証されていて、最大任期は3年。やりたいことが明確じゃないとその先が難しそうですが、暮らしていくことは出来ます。

》【募集中の地域おこし協力隊一覧】《

 

 

7.実家に住んで固定費生活費を極限まで下げる

※画像は実家の自室です。

お金はもらえませんが、家賃無料で暮らせます。数万稼げば生きていけるので、パソコンで軽めに仕事をしつつ、家のことを手伝います。おじいちゃんの畑とかを手伝いたい。

 

8.全国の知り合いの家やコミュニティを転々とする

田舎の古民家に住んでいるような「元気な若者」の知り合いがたくさんいます。「いつでも遊びに来て」と言ってくれます。

田舎はやることが沢山あるので、家のことを手伝う代わりに一時的に住ませてもらうのもアリかなぁ、と思います。迷惑にならない程度に。

 

9.バイトをする、就活をする

普通にフリーターとしてバイトするのも無いことは無いです。多分しませんが。

お気に入りの会社を見つけて就活するのも、無いことは無いです。

 

10.フォロワーさんに支援してもらう

これは誰でも実行できることではないし、人によっては「乞食だろ恥ずかしい」とか思うのかもしれませんが、生きる方法の一つだと思います。元アイドルの人、地下アイドルの人、ユーチューバーの人なんかはこれだけで生きていけるはずです。

私は今まで、polcaで沢山の支援をしてもらいました。主に人に会うために田舎に行く交通費、田舎フリーランス養成講座の受講料です。それがあったからこそ進路がひらけたので、たとえ乞食と呼ぶ人がいても、本当にありがたい支援でした。

いなフリのpolca記事はこちら》総額約20万かかる田舎フリーランス養成講座に、所持金500円で参加した女のはなし

今月はブログ(アフィリエイト)に注力する間のお金がないので、後援者(パトロン)を募って支援してもらっています。「宣伝をするからスポンサーしてください」とは違い、宣伝もしない、ただのパトロンです。それでも4名の方がご連絡をくださいました。本当にありがたいです。生きてます。

パトロン募集記事はこちら》【募集】5月の後援者(パトロン)を募集します

また、先日Amazon欲しいものリストを公開しました。そしたら、その日のうちに3人の方が買ってくれました。ありがたいです。

》【amazonほしいものリストはこちら】《

こういう生き方を許せない人もいると思いますが、私としては新しいお金の流れで面白いと感じています。早く支援する側になりたい。

私が思いつく「本格的にヤバくなった時に生きる方法」はこの10個です。

  1. ライティングに戻る
  2. 金谷移住プログラム
  3. リゾバする
  4. 大学時代のバイト先(児童養護施設)に非常勤で働かせてもらう
  5. 教員免許があるので臨時講師になる
  6. 地域おこし協力隊
  7. 実家に住む
  8. 知り合いの家を転々とする
  9. バイトをする、就活をする
  10. フォロワーさんに支援してもらう

 

まとめ:生きる方法は意外とたくさんある

思い詰めすぎるのは良くない。

去年の8月までは「教員になるか、大学院に行くか」しか選択肢がありませんでした。

院に行ったところで教員になる道しか見えてないけど。

去年の8月から色んな人に会って、選択肢が広がりました。「選択肢が広がった」と言葉で表すと安い雰囲気になるのですが、私にとっては中身を伴った言葉です。新卒でNPOを立ち上げた人、地域おこし協力隊の人、フリーランスという働き方の人に死ぬほど出会って、みんな生きていました。

選択肢と健康な体さえ持っていれば、なんとかなる!と信じて、明日からも生きます。若いうちは特に、破茶滅茶な生活をしてもいいと思います。破茶滅茶な自分を肯定するための歪曲した考えかもしれませんが。勢い余って退路を絶たず、様々な道の可能性を残しながら、ちょっと変わった道を志すのも悪くないと思います。

生きて納税して、犯罪しなきゃそれで良いのです。低空飛行でも生きていれば良いのです。たぶん。たぶん!

 

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

note:【総合案内所】よく読まれる文章

 

》【amazonほしいものリストはこちらから】《

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。