無益なTwitter非戦略術20選

スポンサードリンク


有益じゃない文章や無駄なもの、寄り道が趣味の詩人ななさま(@777nanadayo777)です。通学路なんて消えてしまえ。

私のTwitterに戦略など存在しませんが、Twitterへのこだわり、理想のタイムラインを考えてみたのでまとめます。

この記事は人に読まれることをあまり意識していないので、読みづらいと思います。文字数も7000文字くらい。




目次

前提:そもそも何故Twitterをやっているのか?

  • 無益なことを呟くのが好き
  • ただただTwitterが好き(フォロワー1桁、ツイート数3000とかのアカウントが複数ある)
  • 自己表現、忙しすぎる思考の中の吐き出しとして運用している
  • 人との交流の場所
  • 下のポイントは私の理想であり、実際に意識してるかと言われればあまり意識してない。結果論。

<とにかく、三大欲求のごとくTwitterをやっているだけであって、高い意識や目標はありません。

私の目指すもの

人生において、どんなものを目指しているかと言えば

  • 詩人、情報として特に役立たない文章で生計を立てること
  • ビーイングという音楽事務所の雰囲気(ZARDやGARNET CROWが好きだから)
  • 平安時代の貴族の「あそび」
  • 年齢・性別を超えた何か
  • 時計・スケジュール帳のない生活
  • 退廃的な生活から生まれる気持ち

透明になりたい。

無益なTwitter非戦略術20選

5個くらいのつもりで書き出したところ、18個挙げてしまいました。キリが悪いので無理矢理20個紹介します。無理矢理の2個を当ててみてください。

文章・画像・コミュニケーション・その他の4種類に分けました。

文章へのこだわり

文章や言葉、文字について専門的に学んだ経験はありませんが、こだわりは強いと思います。

1.五七調で無意識に読みやすいツイートを

日本人であれば、五七(または五八)のリズムを心地よく感じるはずです。毎回意識してる訳ではありませんが、お気に入りのツイートは五七(または五八)のリズムで始まっていることが多いです。

ななさまは(五)

もちろん神では(八) となっています。

「ななさまは もちろん神では あるけれど」にするべきだったな〜と後から思いましたが、既に「いいね」が付いていたため変更しませんでした。「いいね」がついたツイートを削除すると、寿命が縮まる音がするのです。音がしない人は、全然消していいと思います。

 

他人に興味の(八) ないひとは(五) となっています。その後の文章も五七(または五八)の方がより読みやすいのでしょうが、あまりにも五七を意識しすぎると

  • 迂闊にTweetできなくなる
  • 五七感が強すぎて、普通の文章に見えなくなる(短歌っぽさが強くなりすぎる) に陥ります。

最初の2句だけを五七調にするのが好きです。

 

こちらも

私ごときが(七)

思いつく(五) となっています。個人的にこのリズムが好きなのです。皆さんもこのリズムを心地よく感じるでしょうか。私だけ?

 

2.きたない言葉、難しい言葉を使わない

  • きたない言葉を使わない理由→自分が汚くなる感じがするから。気分が良くなる人は0人だから。
  • 難しい言葉を使わない理由→難しい言葉を知らないから。変なところで離脱する人がいたらもったいないから。みんなが思いつくけど言葉にできない感覚を言葉にしたい欲望があるから。

文章の内容以外の部分で離脱されるのはもったいないです。好かれる必要はないけど、意図せず不快感を与えないようにしたい。

 

3.自信のないことを断定の形で呟かない

自信がないなら「かもしれない」にとどめておきます。

断定した方が自信ありげで読みやすいのですが、本当か分からないことを断定するのは嘘つきだと思います。嘘つきになりたくないので、「〜かもしれない」「〜と思う」などの曖昧な表現を多用します。分かりやすさや自信ありげな雰囲気は、私にとってそんなに大事じゃないのです。

 

4.「です。です。」「ます。ます。」を重ねてあえて幼い印象に

最近はやっていないので書く必要もないのですが、19個よりは20個の方がキリがよかったので入れてみました。

 

ライティングでは、基本的に「〜です。〜のがこのお店(体言止め)。〜ますよね。」といったように、同じ語尾を使わないように工夫するのが通例。語尾に変化をつけます。

 

しかし、私はあえて「です。です。」と重ねて使ったりします。理由は、少し幼い感じになるからです。文章の内容によっては、幼さを強めに出した方が素直な文章になって伝わりやすい気がします。

 

画像へのこだわり

こわわりが無さそうに見えて、画像にはこだわりがあります。光とか画質とか、そういう話ではないです。

5.画像にはツッコミどころを残す

分かりやすいのがこのツイート。

このツイートに対して、どんな感想を持つでしょうか。

 

こちらのツイートの主題は【文章の偉そう感と奇妙さ】×【写真のポーズの謎さ】です。

 

写真の主題は「ポーズの謎さ」です。しかし、他にもツッコミどこどがたくさんあります。

  • お腹が出ている
  • 足がめっちゃ柔らかい
  • 部屋古いな
  • シーツ赤なんだ!
  • 何故枕が二つもあるの?
  • こんな謎な状況を撮ってるのは一体誰なのか?

この画像を見た時、画像をクリックして拡大し、数秒眺めた人は多いはずです。それは無意識なツッコミどころを察知したからだと思います。

 

6.自分の画像や動画を載せすぎない

最近は普通の自撮りも載せるようになりましたが、載せすぎないように気をつけてきました。理由は、レア感を残しておくため。「会ってみたい」と思ってもらうため。

 

ネットの時代なので、声や動画、写真を流し放題です。流しまくれば、会ったことがなくても親近感を持ってもらえます。

 

だけど、そんな時代だからこそ会うことを大切にしたい。そして会った時の「本物だ〜」を残しておきたい。レア感が何の役にたつかは分かりませんが、ちょっとミステリアスな方がワクワクしませんか。しますよね。して。

 

7.他人との写真を載せすぎない

理由は単純。他人のキャラのイメージを自分に塗らないためです。

 

誰かとのツーショットを載せると、「この人と仲良しなんだ〜」という印象になります。私は群れていない一匹狼的な人間に憧れているので、群れてる感をあまり出したくないです。

 

逆に、インフルエンサーの力を借りて自分の知名度(?)を上げたい人は、積極的に人との写真を載せたら良いと思います。

 

8.自信作は自分の顔写真付きで

私の写真があると、人は立ち止まって見てくれたり、クリックしてくれたり、反応するようです。

 

これは読んでほしい!っていうブログ記事やnoteには自分の顔写真を入れます。なるべく盛れてるやつ。

 

コミュニケーションのこだわり

コミュ障気味の私ですが、コミュニケーションにも目的が謎なこだわりが多数あります。

 

9.人の名前を書くときに、あえて@を入れない

通常、誰かとの写真や誰かに関するツイートをツイートする時、【@ID名】で通知がいくようにします。しかし、私はあえてそれをしないことがあります。

単純に面倒なことも多いのですが、「@を入れなくても反応がくるのか?」という実験をしています。目的は自分でもよく分かりませんが。あと、「見てよね!」っていう感じを押し付けたくないのです。名前を出したからって、相手に反応を強要したくない。

フォローされているけどミュートされているのか、ミュートはされてないけどツイートデックでたまに見られている程度なのか、ミュートされてないけど注意深くは見られていないのか、頻繁にTwitterを見られているのか、勝手に調査しています。目的はよく分かりません。

誰がどれくらい自分に関心があるのか調査するのが好きです。薄気味悪いですね。

 

10.引用RTは控えめに

引用RTは、「人の思考に解釈を加え、半分自分の物にしてつぶやく」ものだと思っています。

また、ツイートはたかがツイートだけど、一つ一つが作品だと思っています。
人の作品に手を加えたくないのと、解釈を加えることでその人の意図を歪めたくない気持ちがあります。

その人には純度100%であってほしいのです。

※だからと言って引用RTされるのが嫌いな訳ではありません。むしろ嬉しいです。引用RTしてください。

 

11.引用RTされたツイートはツイ消ししない

引用RTされたものを消すと、相手のTLには「表示(引用?)できません」みたいに書かれます。なんとなくTLがきたない感じになるので、せっかく引用RTしてくれたものは消さないように心がけています。感謝。

 

12.誰にも喧嘩を売らない

Twitterで文句みたいなことは言いません。自戒の念を込めて自虐することはありますが。
文句みたいなものや人に言うべきじゃないつぶやきは、有料noteに書いています。

有料noteはこちら》Twitterの裏アカとしてのnote

なぜ有料noteには書くのか?というと、たとえ悪口みたいなものだとしても、読みたい人がいる可能性があるからです。いなかったらごめんなさい。

私の履き古したパンツは、ほとんどの人にとって「きたないゴミ」かもしれません。
しかし、私のことが好きで好きで性的な目で見ている人にとっては、お金を出しても買い取りたいかもしれません。
何に価値があるのか?は、人それぞれです。

 

13.リプは普通の人っぽく

私は結構変な人で、ネットでも変な人っぽさを隠していませんが、リプライは普通の人っぽく対応します。「変人だけど、会話可能ですよ」アピールです。会話不可能な変人は意思疎通不可能と判断されかねないので、変人だけど話の通じる人、というハーフ的なポジションで生きていたいのです。

 

その他の雑多なこだわり

14.名前より先に肩書きを

私の名前は普通なので、名前を覚えてもらう必要はないと思っています。「田舎暮らしの詩人」という肩書きの人は他にいないので、肩書きで記憶してもらおう作戦です。

以前は「半農半アイドルななちゃん」という名前でした。
初めて会う人に「ななです」と言っても無反応でしたが、「Twitterの名前は半農半アイドルです」と言うと、「あ、見たことある!」と言われることも多かったです。

名前は二の次。肩書きの方が大事だと思います。

 

15.バズらせない

なぜかイケハヤさんや家入さんにフォローされています。彼らは日常的に私ツイートを見ていませんが、例えば高知の誰かが私のツイートをRTすると、すぐにイケハヤさんにまで届きます。なんて言ったらいいんだろう。インフルエンサーと2親等の家族みたいな感じ。

なので、バズを狙ったり戦略的にRTを狙えば、意図的に拡散できます。
しかし、狙いません。

理由は

  • バズると疲れるから
  • バズるとノイズが増えるから
  • 私のTwitterの生態系が崩れ、居心地が悪くなるから

平和にマイペースに。

 

16.時間を気にせずに呟く

Twitterには「よく読まれるタイミング」が存在するようです。

平日昼勤務の人の場合、通勤電車、お昼休憩、夜ご飯のあと、寝る前にTwitterを見るはずです。となると、朝8時台、12時台、20時前後、22時〜23時が「よく読まれるタイミング」になるかと思います。

 

私も「いろんな人に読んで欲しい!」と思って公開するブログは、19時〜20時くらいに予約投稿します。

しかし、普段のツイートは時間を気にしません。

理由は

  • あくまでも自己満足だから
  • 人が少ない時間の投稿は、逆手にとれば「目立つ」から

「Twitter運用!!!!!」みたいな感じで力を入れている方は「よく読まれるタイミング」を狙うのも良いですが、気合いを入れすぎる必要はないと思います。

追記:2018年5月29日

時間を気にせずつぶやくことの良さ(?)を思いつきました。

それは、いつもTLにいる安心感です。

例えば不安なことがあって眠れない夜中3時にTwitterを開いて、誰も更新してないと寂しい気持ちになります。

変な時間に起きてる仲間がいるだけで、なんとなく心が楽になったりします。だから変な時間に出現するのは誰かにとっては救いになるかもしれない。

ブログだって、必ずしも夜19時頃に投稿する必要はない。

だって、面白い内容だったら誰かが引用RTしてくれるから。

その引用RTを、次の日の19時とかにRTすればいいだけの話だ。

引用RTされたら、二度つぶやける。だから自信作であればあるほど、いつ投稿してもいい気がする。

 

17.反応ポイントの山を1ツイートにつき2つ以上作る

「伝えたいことは1ツイートにつき1つまで」が通例のようですが、私はポイントを2つ作ったりします。していました。最近はしていません。が、無理矢理こじつけてみます。


これは、【西千葉】【大学時代に住んでいた街】という反応ポイントがあるつもりです。でも、なんか違う。あとで昔のを掘り出す!この話は保留!

 

18.定期的に1〜2行のツイートを入れる

理由は

    • 自由律俳句みたいで趣があるから
    • 文字が敷き詰まってると圧が強いから
    • ゆるい雰囲気が出るから
    • 箸休め
    • 大好きなphaさんがそうだから

こういうやつです。定食でいうところのお新香です。お新香ツイート。

 

19.プロフィールやバナーに情報を詰め込まない

プロフィールやバナーなど、限られている所に情報を詰め込むと「ちゃんとしてる人」「ちゃんとTwitterを運用してる人」感が出ます。が、私はゆるいだけの人です。ちゃんとした人だと間違えられないように、ゆるめにしてます。

 

20.疑問があっても「ゆるぼ」とか「教えて」とか書かない

理由は、人に頼むのが苦手だからです。「教えてっては言わないけど、教えたいと思ったら教えて」って感じです。(よく分からない)

教えたい意思の強い人だけ私にかまってくれ、という感じです。


これ、本当に見つけたいなら「誰か教えて」とか「ゆるぼ」とか書けば、教えてくれる人が多かったかもしれない。だけど、私にかまいたい人だけかまってくれという気持ちなので、教えてくれ感は出しません。 あくまでも独り言。

 

注意書き:コミュニケーションは好きだよ

こだわりの強い面倒な人に思えたかもしれませんが、

  • RT、引用RTをされるのは大歓迎
  • フォローも大歓迎

基本的に、受け身だけど人にかまってもらうのが好きなので、からまれるのは好きです。(批判やアンチは好きじゃないです。ゆるいからみ方が好きです。)

 

まとめ:とは言うものの、好き勝手つぶやいてるだけ!

あくまでも「つぶやき」であることを大事にしたい。noteも同じで、「有料で販売!」というよりは「noteは所詮メモ」だと認識しています。

Twitterをネットで完結させる気はありません。あくまでも、現実世界の人間関係の補助的役目です。Twitterで出会った人と現実世界で遭遇することも多々あります。というか、フリーランス関係の人はTwitterで絡んでから会っています。Twitterはバーチャルではなく、現実世界の補助です。

最短距離で何らかの結果を出すには【戦略】や【打算】も大事だと思いますが、私は寄り道メインの人生。ゆる〜く、適当に山登りを楽しみます。

Twitter廃人による無益なTwitter非戦略術でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

私は筋金入りのSNS大好き人間です。12年間のSNS生活をまとめたブログは下記からご覧ください。

関連記事:【黒歴史】94年生まれの私がノスタルジックなSNSを振り返ってみた

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。