ADHDこそシェアハウスに住むべきだと思う。

スポンサードリンク


シェアハウスに住み始めて3ヶ月目のななさま(@777nanadayo777)です。

シェアハウスの玄関で天を仰ぐななさまです。

私はADHDの傾向が強くて

  • 聴覚過敏
  • コミュニケーションでの消耗
  • 忘れ物、お金の管理のルーズさ
  • 並行作業が苦手

など様々な困りごとがあります。

「生活がヤバイ私がシェアハウスに住んでも大丈夫か…?」と心配でしたが、今のところ大丈夫です。

※シェアハウスのリビングでポーズを決める前に写真を撮られたななさまです。

むしろシェアハウスに住むメリットを沢山感じています。

ADHDの傾向が強い方に向けて「シェアハウス、意外と大丈夫だよ!」「むしろ一人暮らしよりもオススメだよ!」と伝えたいです。

この記事を読んで欲しい人

  • ADHDの傾向があって生活がヤバイ
  • 一人暮らしをするかシェアハウスに住むか迷っている
  • シェアハウスでうまくやっていけるか、人に迷惑をかけないか心配
  • 聴覚過敏や物をなくす癖があるので共同生活が心配

このような方に向けて「シェアハウスはオススメ!」と言いたいです。




私の住んでいるシェアハウスの概要

※シェアハウスの庭でヤギに餌を与えるななさまです。

まずは「私がどんなシェアハウスに住んでいるか?」を紹介します。

特徴は下の通り。

  • 田舎の広い古民家
  • 個室
  • 住民は8人
  • 30歳くらいの落ち着いた人が多い
  • あまり干渉したり集まったりしない

全体的に落ち着いた雰囲気です。ワイワイした感じではなく、それぞれ静かに暮らす感じ。

 

私のADHDの困りごと

※欲しいものリストから送られてきた野菜ジュースに感謝をするななさまです。

ADHD(プラス自閉症スペクトラム障害系)の影響と思わしき困りごとは

  • 人とのコミュニケーションで消耗しやすい
  • 感情の快状態が少ない(すぐにイライラする)
  • 聴覚過敏、嗅覚過敏
  • 散らかす、片付けができない、お金や種々の管理がだらしない
  • 並行作業が苦手
  • 焦るとパニックになる
  • 察するのが苦手

などがあります。

※ADHDとは言うものの、「(教員を目指す場合に)診断が不利に働く可能性がある」ということで確定診断はつけていません。2年前に行ったWAISIIIの知能検査や診察の結果、精神科医や臨床心理士さんから「ADHDと自閉症スペクトラム障害の診断がつくでしょう」と言われています。

このような私がシェアハウスに住むとどんな恩恵を受けられるのでしょうか。

関連記事》発達障害の快不快と感情

 

ADHDがシェアハウスに住むメリット8つ

主に「管理面」「だらしなさ」が解消されます。

1.物を失くしても誰かが見つけてくれる

私はよく物を失くします。捨てるわけではなく、脱衣所に物を置きっ放しにする、スマホを見失うなど。

シェアハウスの共有スペースは色んな人が出入りするので、

「スマホ失くした〜どこいった!」

「あ、リビングの机にあったよ〜」とすぐに見つけてくれます。

 

2.郵便物を溜め込まなくなる

こちらがシェアハウスのポストです。

一人暮らし時代、郵便物を鬼のように溜め込んでいました。1ヶ月ポストを開けないこともしばしば。

1週目「まだ余裕」

2週目「まだいける。」

3週目「そろそろヤバイかも?」

4週目「絶対ヤバイから見たくない…」

こんな感じで、何度公共料金の督促状が来たか分りません。本当に自己嫌悪になります。

シェアハウスでは、自分がポストを開け忘れても、誰かが開けます。ついでに出してくれます。

結果、ポスト溜め込み不可能になります。ありがたい。

※落とし穴:だからと言って、受け取った書類を開封するとは限りません。

 

3.こまめに片付けざるを得ないので最低限片付く

※キッチンで思い悩むななさまです。

私のシェアハウスは水曜日が掃除の日と決まっています。

8人もいるので、お風呂、トイレ、リビング、キッチン…と分担して掃除します。掃除嫌いな私ももちろん組み込まれます。

結果、ちょっと掃除するだけで家全体が綺麗になります。

週一でお風呂、トイレ、リビング、キッチンが綺麗になるって個人的には素晴らしいことです。

一人暮らし時代は、2週間に1回掃除機をかければいい方でした。

トイレ掃除も1ヶ月に1回くらいしかやってませんでした。お風呂の排水溝も、詰まってきてヤバくなってから掃除してました。

シェアハウスにいると衛生面がマシな人間になります。

 

4.光熱費などの支払いは管理人さん持ちなので、電気が止まらない

一人暮らし時代、ポストの放置やカードに残高確認不足が原因で公共料金の未払いが多発していました。

「明日までに本部まで払いに行かないと水道が止まります」みたいな最終警告通知も何度も来ました。

しかし、シェアハウスは支払いの必要がありません。

絶対にガス・水道・電気が止まらない快適な生活!

 

5.備品が無くなってもなんとかなる

一人暮らし時代は、なぜかティッシュとトイレットペーパーが同時になくなりました。

もしメーカーが人間のティッシュとトイレットペーパーの使う速度を割り出して計算しているのなら、すごいと思う。なんであんなにぴったり同時に無くなるのだ。

ティッシュや調味料が無くなっても共有のものがあります。

誰かが貸してくれます。

 

6.話を聞いてくれる人がいる

多動系の一種なのか分りませんが、私はめちゃくちゃ喋ります。

Twitterやnoteでもめちゃくちゃ喋りますが、現実でもとにかく喋りたい人です。

シェアハウスにいれば誰かしら人がいるので、常に気楽な話し相手がいます。

ありがたい。

 

7.他人の生活のコツを盗める

ライフハック!とでも呼べばいいのか。他人の生活の工夫が垣間見れます。

例えば

  •  レジ袋の仕分け:大と小に分ければ、使う時に便利
  •  お皿は洗ったら拭く:すぐに片付ければ散らからない。カビも生えない。
  •  週一で掃除すれば片付く:「汚くなったら」じゃなく、日にちで掃除を決める
  •  作ったことのないご飯のメニューを学ぶ:バリエーションが広がる
  •  掃除の方法、常識を知る:排水溝には網をかければ良い、コップとお皿のスポンジを分けると衛生的

これはADHDに関係なく役立ちますね!

綺麗好きな大人たちの生活にはヒントがたくさんあります。

 

8.ゴミを溜め込まない

夜出歩くのが怖い&朝は寝ている私はゴミを出せません。

シェアハウスでのゴミ捨ては2ヶ月に1回の当番制なので、その週だけ頑張れば後は自動でゴミ捨てが完了します。ありがたいです。

 

ADHDがシェアハウスに住むデメリット3つ

メリットだけではありません。個人的に気になる点を3つ挙げます。

関連記事》発達障害は、充電の減りが早いスマホみたい。

1.他の住人の音が聞こえる

隣の部屋との仕切りがふすまなので、音が聞こえます。

隣人は静か&早寝なので全く被害がありませんが、逆に「夜中のキーボード音で迷惑かけてないかな」と心配になります。

また、下の階の住人はマッチングアプリサービスが好きで夜な夜な女の子と電話していたので、その時はうるさかったです。

対策

耳栓を購入する!

高校時代から「雑音がうるさくて死にそう人間」なので、耳栓を常備しています。

100均の耳栓でも十分。マッチングアプリの電話のうるささは解消されます。

2.時間に余裕を持たないと遅刻する

私のシェアハウスは8人住んでいます。風呂トイレ共同。

「今すぐお風呂に入りたい!」と思っても、誰かが入っていることがあります。

「朝シャワーに入って、○時の電車に乗る」と決めている場合、他の人とシャワー時間がかぶっても間に合うように、余裕を持って行動する必要があります。

対策

朝は時間に余裕を持って行動する→朝に予定を入れない

 

3.迷惑かけてないか心配になる

生活面で「自分はヤバイ」自覚があるので、心配になります。

例えば

  • うるさくないか
  • お風呂のタイミングを忙しい人から奪ってしまってないか
  • 掃除の程度はこれで十分か

などを気にします。

特に自分自身が聴覚過敏気味なので、夜のシャワー音やタイピング音、話し声、階段を降りる音などが「うるさくないかなぁ」と気になります。

対策

うるさくないか、本人に聞く(「こちらもうるさかったら言うわ」と公約を交わすとお互い気が楽)

 

シェアハウス選びのポイント

私みたいな人間は、どこでも暮らせるわけではないと思います。特に大事なのは

  • 個室があるか
  • 住んでいる人の雰囲気はどうか(外部の人が頻繁に泊まりに来るのか、飲み会が開催されるのか、年齢層は?)

これはADHDに限ったことではありません。

シェアハウスと言っても場所ごとに全然違います。

都心の、若者だらけで、頻繁にイベントが開催される、ドミトリーONLYのシェアハウスとかは絶対に無理です。

事前に宿泊体験してから入居しましょう。

 

まとめ:ADHDこそシェアハウスの恩恵を受けられるよ

管理系、片付け系が苦手な人にとっては特に恩恵が大きいです。

ただ、時間に余裕のある生活をしているからこそ、という感じもします。

シェアハウス×ADHD×会社員 だと状況は変わってくるのかもしれません。

 

支払いが滞り、部屋が散らかり、生活がままならない一人暮らしのADHDの方。

ぜひシェアハウスも検討してみてください!

関連記事》発達障害、アルバイトが続かない5つの理由

Twitter;田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。