ちょっと後悔。私が大学生に戻ったらやりたいこと9選

スポンサードリンク


大学を卒業して2ヶ月経ちました。ななさま(@777nanadayo777)です。

大学時代は平凡に真面目に過ごしていましたが、今思うと「あれやっておけばよかった〜」「ちょっと後悔してる」こともあります。

過去の自分に向けて「あれやっとけ!」と思うことを紹介します。

超独断ですが、参考になるところがあれば是非〜!

 

この記事を読んでほしい人

  • 大学生活をなんとなく過ごしている人
  • 「このまま卒業していくのか?」と危機感を持っている人
  • 人と違うことをしたい人
  • 私の大学時代を覗き見たい人(大学時代の画像あり!




「大人だけど学生」って、最強の身分!

※強そうなななさま

働くことも、移動することも、お金を得ることも出来る大人でありながら

「まぁ学生だから失敗してもいいよ」「まぁ学生さんなら会ってみようか」「学生は半額」などお得な面も多い。

大人の良い面と子供の良い面を併せ持っているので、大学生は最強の身分だと思います。

何かに失敗しても、本業の学業を頑張れば良い。

可能性がありつつ、逃げ道もありつつ、お得な身分だと思います。

 

自分の大学時代の簡単プロフィール

  • 2014年度に千葉大学教育学部入学
  • 一浪入学。休学・留年なしで卒業
  • 卒業後は就職せずにフリーランス

何の変哲も無い教育学部の学生でした。

大学時代にやればよかったこと9つ

※成人式の前撮りななさま(大学1年生・20歳・2014年)

自分なりに色々挑戦しながら頑張ってたつもりですが、今思えばもっと頑張れたよな〜、と思います。

1.バイト以外でお金を稼げばよかった

具体的には

  • フリーランス的な仕事:ライティング、ブログ、サイト制作、note
  • コミュニティ、場所作り:シェアハウス運営

大学卒業間近の2月にライティング&noteで10万円稼ぐことができました。が、もっと早くやればよかったと思っています。

発達障害の影響もあるせいか、いわゆる「普通のバイト」が辛かったです。お金がないので続けていましたが。大学3年生の冬にはフリーランス的な働き方を知っていたので、早く実行すればよかった!と思います。

また、シェアハウス運営もすればよかったと思います。

千葉大生が大量に住んでいる西千葉では需要があるだろうし、やっている人がいないっぽいので、意味のある活動ができた気がします。学生寮という大きな組織に頼らずに、学生だけでコミュニティを作ればよかった。

そして、オープンキャンパスで千葉大に来る高校生にも宿泊場所を提供すれば面白そうだな〜なんて今更考えています。

関連記事》発達障害でバイトが辛い大学生は、バイトを辞めてライティングをしよう。

関連記事》未経験でも大丈夫!【サグーワークス】で編集の仕事を始めよう

 

2.ミスコンに参加すればよかった

※最高に自撮りを盛ったななさま(推定:大学2年生・21歳・2015年)

ミスコンは大学の名前を借りて活動できるので、自分に面白さが無くても注目されます。面白さがあればかなり目立てます。個人で活動していきたい人にとって、この上ないチャンスだと思います。大学生の頃はあまり目立ちたくなかったけど。

私はありがたいことに、大学1・2年生の頃にミスコンに出ないか?と誘われました。

その時は

  • ナルシストっぽくて嫌に決まってる
  • ミスコンに出るような女がそもそも嫌い
  • 撮影とか面倒くさそう
  • ブスって言われるの嫌だ など様々な理由で断りました。

ミスコンは様々な人に知ってもらえるチャンス。声をかけられたんだから、出ればよかった!

 

3.イベントの運営をすればよかった

今になって「イベントの企画・運営に慣れてる人って強いな〜」と実感しています。

大学時代は「イベントの運営する機会なんて一生ないだろ〜」「イベント運営系サークルはウェイウェイ系が多いから死んでも入らない!」と思っていました。しかし、会社員や公務員、フリーランスなら尚更「企画・運営の力」は大事だと思います。

  • 大金が絡まない
  • 失敗が許される
  • サポートしてくれる先輩がいる

という条件の揃った大学生の内に、イベントの企画・運営に慣れておけばよかったな〜と思います。

 

4.大学の図書館を使い倒せばよかった

画像引用:http://www.ll.chiba-u.ac.jp/space_honkan.html

千葉大の図書館は最強でした。

  • 建てられたばっかりで超綺麗
  • 蔵書がめちゃくちゃ多い
  • 自習席が死ぬほど多い
  • 取り寄せや新規購入にも柔軟に対応してくれる
  • 会議スペースなど使い放題
  • 色んなイスがあるラウンジ、ふかふかのソファ等とにかく色んな席がある
  • Wi-Fi使い放題
  • コンセント完備
  • パソコン貸し出し(Windows,Mac)
  • おしゃれなプレゼンスペースがある
  • 様々な学部の教授が専門分野のプレゼンをしてくれる(毎週火曜日)

最強のコワーキングスペースでした。

画像引用:http://www.ll.chiba-u.ac.jp/space_honkan.html

せっかくなので毎日通って、図書館の機能をフル活用すればよかった!

 

5.病院に行けばよかった

千葉大生は医療費が全額戻ってくる制度、つまり医療費実質無料の制度がありました。(歯科は3割返金、美容系は例外)

私はデフォルトで心身の調子悪めです。

  • 生理痛をイブで抑え込んでいる
  • 定期的に腰痛
  • 偏頭痛持ち
  • 発達障害の傾向、頻繁な抑うつ状態

なので

  • 生理痛をイブで抑え込んでいる→婦人科で低用量ピルを試す
  • 定期的に腰痛→整形外科に通う
  • 偏頭痛持ち→ 予防薬・漢方薬を試す
  • 発達障害の傾向、抑うつ状態→診断をつける、カウンセリングを試す

など色々しておけばよかったな〜と思います。

医療費無料ってなかなか無いので勿体無かったな〜。

関連記事》ADHDこそシェアハウスに住むべきだと思う。

 

6.固定費を下げることを検討すればよかった

※4年間住んだ家の引っ越し作業が思うように進まず、天に召されるななさま

お金が無いのに

  • 家賃5万3千円の部屋に4年間住み続ける
  • スマホを格安に乗り換えない(大学4年の夏にようやく乗り換えた)

これは大きな後悔です。

お金が無いのに駅近、学校近、コンビニ&スーパー近の便利な場所に住んでいました。

お金が無いなら駅から遠くて安い物件を探せばいいのに!

誰かと住んで割り勘すればいいのに!

思考停止でダメでした。

 

7.後輩と仲良くすればよかった

※鳥取砂丘で祈るななさま

先輩とは仲が良いのに後輩には仲良しがいませんでした。

その結果、大学を卒業した瞬間に大学生との繋がりが切れてしまいました。

悲しいことです。

 

ここからは講義に関すること。

8.教養系の授業をもっと履修すればよかった

※三重県鳥羽市の海岸で思い悩むななさま(大学4年・23歳・2017年冬)

英語や第二外国語、哲学、芸術、社会学などの授業を多めに履修すればよかった!

教養系の授業は、つい「最低限の単位数で」「なるべく楽な単位を」取りがちです。

だけどそれは勿体無い。

専門科目の内容は、嫌でも頭に入ります。専門的な職に就くなら尚更「どうせ学び」ます。

人生において他の人と差がつくとしたら、教養系の知識・考えの有無だと思います。

数年後の未来を想像しながら「今すぐ必要じゃない勉強」をすればよかったな〜。

そしておまけに、専門外の教授とも仲良くすればよかった。

 

9.授業を分かりやすくブログにまとめればよかった

※包帯の巻き方の実技テストのため、自宅で包帯を巻く勉強熱心なななさま(大学3年生・2016年)

せっかくその道のプロの授業を受けても、内容を忘れてしまいます。メモしたノートもどっかにいってしまいました。

どうせだったらネット上に残しつつ、他の人の役にも立てたら最強だったな〜と思います。

授業をブログにまとめるメリットは4つ。

  • いつでも読み返せる
  • 他の人の役に立てる
  • ブログのネタに困らない
  • PV数によってお金になる

授業をブログでまとめると、一石四鳥!

 

今の自分と大学時代の自分の違い

※沖縄旅行でポーズを決めるななさま(大学4年生8月)

  • 自分の名前、顔を出すことに抵抗があった
  • お金を稼ぐにはバイトをするしかないと思ってた
  • ネットで稼ぐのは「転売」「メルカリ」「アフィリエイトという名の詐欺」しかないと思ってた
  • 進路は教員、大学院進学、専業主婦しかないと思ってた
  • 学外の団体に参加するのは意識高い系だと敬遠してた

目立ちたく無い、新しいものを疑う、意識高い系をやたら敬遠する という感じでした。

それはそれで良いのですが、進路選択の幅が狭すぎて辛かった。

 

まとめ:卒業する時を妄想して、「自分は何に後悔するか?」を予想しよう

※広島のホテルのベッドが雑すぎて悟りを開いたななさま(大学3年生夏)

「今やりたいことって何だろう?」と考えても中々出てこないのですが、

「5年経った時、何に後悔するかな?」と考えると意外とポンポン出てきます。

未来から戻ってきたつもりで今を過ごすのも楽しいです。

 

おまけ:私の大学時代振り返り

※ペットのトイプーとうつるセレブ風ななさま(大学2年生頃)

授業態度:真面目。居眠りや内職はしない

成績:GPA3前後をうろちょろ

出席:ギリギリまで欠席する

バイト:飲食、塾、家庭教師、児童養護施設、派遣を掛け持ちしたり変えたり

留学:2週間の短期留学(インドネシア)、タイにも一瞬行った

※留学先で他の人に馴染めない孤独なななさま(大学2年冬・タイにて)

サークル:書道サークルに入るも2年生くらいから行かなくなる

ボランティア、学会:たまにボランティアに行く、学会みたいなものや講習会も積極的に聴きに行く

長期休み:旅行、バイト、帰省、だらける。THE普通の大学生

 

雑に締めます。終わり。

 

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。