学生・駆け出しフリーランスにおすすめ!夏はリゾートバイトでお金を貯めよう

スポンサードリンク


初のリゾートバイトを3週間後に控えたななさま(@777nanadayo777)です。全国のリゾバで求人が出ているので、リゾバの紹介をします。

この記事を読んでほしい人

  • 夏にまとめてお金を稼ぎたい人
  • 勢いでフリーランスになったけど、金銭面で苦しくてちょっとヤバイなぁと思っている人
  • お気に入りの観光地に長期滞在しながら稼ぎたい人
  • リゾートバイトに興味がある人

 

【リゾートバイトの詳細はこちら】

リゾバをしない人も、見ていて楽しいサイトです。夢が広がる!

 




 

リゾートバイトとは何か?

引用:リゾートバイト.com

リゾバと省略されることが多いリゾートバイト。簡単に説明すると、リゾート地に住みながら、短期間働くバイトのことです。

離島や温泉街、人里離れた旅館、冬ならスキー場などでの募集も多くあります。

リゾバの特徴は、家賃や光熱費、食費がかからないこと。

  • とにかくお金を貯めたい
  • 短期間でまとめて稼ぎたい

という方にはおすすめのバイトです。

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

どのくらい稼げるの?

引用:リゾートバイト.com

宿によりますが、今回紹介するリゾートバイト.comでは時給1000〜1300円が多いので、時給1,150円で計算してみます。

1日8時間、週5日で2ヶ月間働くと

1,150円×8時間×5日×9週間=414,000円

家賃、光熱費、食費がかからないことが多いので、ほとんど貯金できます。

2ヶ月で約40万貯金できる可能性があります。とってもありがたいですね!

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

私も今年はリゾバをするよ

カメラマン:かんきくん(@wemmick03 )

今は千葉県富津市金谷でフリーランスとして生きている私ですが、夏はリゾバに挑戦します!

いつ?

7月中旬〜8月末までの予定です。

どこで?

高知県大豊町の山奥にある宿。標高1400mの秘境に住みます。

誰と?

高知の友達と一緒に申し込みました。友達と言っても、会ったことはありません。(!)

共通の知り合いがたくさん&ネットで仲良くしているので、会ったことがある気がしますが無いようです。

きっかけは?

勤務する宿は、昨年わたしがお客さんとして泊まった所です。

「来年ここで働きたいです」とオーナーさんにお願いしたところ、「いいですよ」とお返事をいただけたので働くことになりました。

お気に入りの宿で働けるのが嬉しい!

 

リゾバの業務内容は?

写真は夜行バス明けでいつも以上に髪がボサボサのななさまです。

リゾバの主な仕事は

  • 食事の調理補助
  • お部屋の清掃
  • 接客 などがあります。

私はいつか宿をやりたいと思っていて、料理も好きなので、ちょうどいい仕事だと思っています。

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

リゾバの勤務場所はどこが多いの?

  • 沖縄
  • 離島
  • 群馬(草津温泉)
  • 箱根

などが多いようです。

わたしは高知の山奥の宿で勤務しますが、温泉や南国でのリゾバも興味深い…!今回行ってみて、楽しかったら南国にも行ってみたいです。

 

リゾバのメリット3つ

写真は、無理やりなんらかの自撮りをしようと頑張るななさまです。場所はシェアハウスのキッチン。

代表的なメリットを3つ紹介します。

1.短期間でお金が貯まる

リゾバでお金が貯まる理由は2つあります。

  • 家賃、光熱費、食費がかからないから
  • 使い道(使う時間・場所)がないから

多くの場合、リゾバは【家賃・光熱費無料の住み込み】です。食費も無料または低価格で提供してくれる所がほとんどです。固定費がかかりませんので、とにかく生活費が限りなく0円に近くなります。

さらに、お金の使い道がありません。これも場所によりますが、旅館は僻地にあることもしばしば。近くにコンビニやスーパーが無い→お金を使う場所がない 事態になります。

※ただし、勤務地ごとに状況や待遇は異なるので事前にしっかり確認してください!

 

ちなみに、私が勤務予定の宿も標高1400mの山奥。記憶が正しければ、最寄りのコンビニまで車で40分くらいかかります。陸の孤島の極みですね。宿に篭るしかない!お金、使わない!

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

2.人気の観光地に長期滞在できる

仕事とはいえ、絶景の見える宿に連泊できるのは嬉しいですよね。普通に宿泊すると1泊数万円かかるのに、住み込みバイトなら逆にお金がもらえてしまう。

私はお気に入りの宿で勤務するので、それはそれは楽しみすぎます。お気に入りの宿に40日も宿泊できるのです。天文台付きの小規模な宿。本当にお気に入りなので、楽しみです。

温泉付きの宿の場合、「温泉に自由に入れる」という特典が付いていることもしばしば。

スキー場の場合、「リフト乗り放題」という特典もあるそう。

お気に入りの場所に長期滞在できるなんて、フットワークが軽い今しか出来ません。興味があるなら挑戦する価値があると思います!

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

3.普段出会えない人と出会える

リゾバには、いわゆる「普通の会社員」みたいな働き方をしている人はいません。当たり前と言えば当たり前です。

旅をしながら全国のリゾバで働いたり、世界一周の資金を貯めたり、変わった生き方をしている人がたくさんいます。

そういう人と仲良くなれるのも魅力の1つです。

 

また、リゾバでのカップル誕生率は凄まじいそうです。10カ所以上でリゾバ経験のある友達が言っていたので、嘘ではないと思います。あくまでも一個人の経験談ですが。

狭い空間に若い男女が何人もいて、しかも夏。恋が生まれてもおかしくない状況ですね。私は無縁ですけどね。もしも何かあったらnoteに書きます。》ななのnoteはこちらから

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

リゾバでの勤務前に確認したいこと7つ

私もこれから初リゾバをする身なので分からないこともありますが、「これは大事だろう!」と思う点を挙げました。しょっちゅう全国をプラプラしてるので、わたしは繊細ではないです。繊細な方、潔癖の方はもっと細かくチェック項目を用意した方がいいかもしれないですね。

 

1.ブラックじゃないか?

宿によってはブラックな所もあるようです。例えば、8時間勤務予定なのに12時間勤務になるとか。

見分け方は分かりませんが、事前に派遣会社に確認したり、ネットで情報を集めることはできると思います。

 

2.職場の人間関係はどうか?

これも見極めが難しいですが、派遣会社に聞くことができます。

「過去に人間関係が原因で辞めた人っていますか?」等と聞けば、教えてくれる(時もあるそうです。)

と言っても、行ってみなければ分かりませんよね。

宿のブログがあったらチェックしてみると多少想像できるかもしれません。

最悪の場合、勤務の途中で辞めることも可能です。給料は支払われます。最悪の場合は辞めるのもアリです。

 

3.食事はどれくらい支給されるのか?

私の勤務予定の宿は「勤務の日は1日2食付き」です。何よりも食べることが好きなので、とっても楽しみ!

宿によって

  • 休日も3食付く
  • 基本自炊 など様々なので、確認しましょう。

また、コンビニ弁当のような所もあれば、シェフのまかないが食べられる場所もあるようです。

  • 食事の回数
  • 食事の質(お弁当か、まかないか)

を確認しておきましょう!

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

4.交通の便は?

アクセスの悪い場所も多いようです。私の勤務予定の宿もアクセスはとっても悪く、山を降りるのに30分、そこからコンビニやスーパーに行くのに10〜15分かかります。完全に陸の孤島です。

しかも、私はペーパードライバーなので運転できません。ペーパードライバーがガチの山道を運転したら、おそらく死にます。

一緒に勤務する友達が車を持っているので、下山する場合はその子に頼るしかありません。

Amazonも来てくれるのか…ちょっと不安です。

 

5.ネット環境は整っているか?

場所によっては電波が入らない、ポケットWi-Fiが機能してくれないと思います。

私の勤務予定の宿は「Wi-Fiが通ってるよ〜」とオーナーさんが言っていたので、信じようと思います。

もしWi-Fiが残念だったら、1ヶ月間フリーランス的な仕事はできないことになる。それは死活問題です。

 

6.部屋は相部屋か?どんな部屋か?

写真は、荒ぶる5歳のチビななさまです。

宿によって

  • お客さん用の部屋を一部屋丸々使わせてもらえる
  • 簡素な寮に放り込まれる
  • 4人で相部屋 など様々なようです。事前に確認しましょう!

ちなみに私は、お客さん用の部屋(4人部屋)を一人で使わせてもらえるようです。バイトの女子が私しかいないから。幸福すぎます。一生住みたい。

 

7.交通費は支給されるのか?

住む寮〜勤務地も勿論ですが、「今住んでいる場所〜勤務地」までの交通費が支給されるのか?も大きなポイントです。

ちなみに、私は千葉から高知に行きます。交通費は一部支給してくださるそうです。非常に助かります…!

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

私が快適に働くために気をつけたこと3つ

まだ勤務が始まっていないので何とも言えませんが、人間関係には繊細な私は3つのことに気をつけました。

 

1.現地近くに住んでいる友達と申し込んだ、現地近くに友達が何人かいる

私は一人で申し込んだ訳ではありません。高知に住んでいる友達と申し込みました。だから、少なくとも一人ぼっちにはなりません。

また、高知には何人か友達がいます。顔見知りの親世代の方もいます。

何かあった時に頼れる人が近くにいるのは心強いです。

 

2.事前に訪れて、気に入った宿のオーナーさんに直接申し出た

これはなかなかないパターンだと思います。去年の段階で「働きたいです」とお話をして、名刺をいただきました。

過去に訪れたお気に入りの宿でバイトを募集している場合、直接交渉するのもアリだと思います!

リゾバと言ったら派遣会社を通じて契約するのが基本ですが、例外もあります。

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

3.夏休みの繁忙期を選び、仲間がいるようにした

宿によっては一年通して短期バイトを募集している所もありますが、閑散期は「バイトが自分1人だけ」という状況もあり得ます。「お客さんがいないからOFFが増える」という事態も。それじゃあ住み込みなのに稼げません。

  • がっつり稼ぎたい
  • 友達が欲しい、一人は寂しい

という方は、繁忙期の夏にリゾバをすることがおすすめです。

【リゾートバイトの詳細はこちら】

 

まとめ:リゾバをやるなら夏がおすすめ!

私のように「時間があるから好きな宿でバイトしよう〜」は、独身で子供がいない今だからこそ出来ると思います。

いくら働きやすい世の中になったとしても、子どもを置いて住み込みのバイトををするのは気が引けます。定職についてしまっても、なかなか難しいと思います。

何も持たない今だからこそ、旅するように生きたい!夏の思い出を作りたい!お金も欲しい。

10ヶ月ぶりの高知を楽しんできたいと思います。みなさん、ぜひ私のいる宿に来てくださいね。

ブログに書いても良いと言われたら、ブログで宿を紹介します。

【リゾートバイトの詳細はこちら】

眺めるだけでもテンションが上がるので、暇つぶしにもぜひご覧ください!

 

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。