詩人ってなんだよ。私は結局、何がしたいのか?

スポンサードリンク


詩人になりたい、詩人になりたいと言ってきた私だけど

本当に詩人になりたいのか?

確かめる術がない。

 

何がしたいのか?

本当は何がしたいのか?

分からない。

たぶん、やりたいことなんて無いのだと思う。

あるとしたらそれは幻想で、

それをやりたいってことにしておけば楽だから、そうしてるだけ。

 

やりたいことなんて無くたって、

苦痛が少なければ生きていける。

最低限のお金、そして不自由しないだけの健康があれば

案外平気で生きていける。

そのことに気づいたら

「なーんだ、こんなものか」って生活が楽になったし

幸せに似た生活も寄ってきた。

 

幸せでも不幸でもない生活に意味はあるのか。

なんとなく死んじゃいけない雰囲気が蔓延しているから死なないのだけど

生きる意味だとか

幸せだとか

そんなものは初めから存在しないので

つまり、生きる意味は特にない。

誰かに否定されても、考えは変わらない。

生きる意味は、基本的には無い。

 

なぜかDNAを受け継がなきゃいけない、目的のないリレーに参加することになっているから

生殖があって、生まれさせられた。

その後のことは、保証されないらしい。

昔は「やれやれ」って食料を入手すればとりあえず生きていけたのに

今は「社会的に価値のあるもの」と呼ばれるヘンテコリンなガラクタを生成しなければ

命を繋げない仕組みになっている。

 

命の責任は誰にあるのだろう。

親が勝手に産んだから、親に責任があると仮定しよう。

すると

私の命の責任は親になすりつけることができるけど

親の命の責任は祖父母の責任になり

それが無限に続くと

「なんかもう、人のせいにするの、よくない?」と面倒になってくる。

面倒だから、自己責任でいいよ。

私の命は私の責任です、仕方ないから引き取ります。

 

自分の命を他人のせいにしている時は

生きる覚悟も決まらないから、死にたくなってた。

自分の命の責任を放棄していたから

死にたくなっていた。

 

だけど今は

仕方ない、自分で責任を取るしかないなって思うから

生きる覚悟か決まった。

自分でなんとかするしかないのだ。

 

なんとかするしかないのだ。

たまに面倒になるけれど

騙し騙し、やってくしかないのだ。

 

以下、今夜の心の荒具合を如実に表現したツイートたち。

あえて、消さないよ。こういう人だから。大人としてどうなんだろうね、でも大人としてって言葉で色々な感情を封印するのは、人間らしくないので私は好まないよ。私は私の考えが大好きだから。

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。