フォロワーが全然増えない(むしろ減った)今、思うこと

スポンサードリンク


思うことが主に2つある。

 




Twitterはコミュニケーションツール

Twitterは独り言感が強いものだと、ここ最近は思っていた。誰かを想うわけでも、誰かに届けたいわけでも無い、「どうでもいい独り言」。そればかり垂れ流していた。

去年は違ったと想う。

大学卒業後の進路を探したり、面白そうな人と会ったり、住みたいと想う地域を探したり

誰かと繋がることが前提だったし、行動を起こすこと前提だった。

Twitterがコミュニケーションツールだった。

_____

最近は、「独り言です」って言葉に逃げて、人とのやりとりをおろそかにしていたと思う。

リプライが来ても、「いいね」をして終わったり。

批判コメントが来ても、無視したり。

前は、リプライに対してちゃんとコメントしてたと思う。単純にフォロワーさんが少なくて、リプライも少なかったので、対応が追いついていたってこともあるけれど。

批判コメントに対しても、コメントしていたと思う。

 

批判は2通りある。

正論を言ってくるパターンと、勘違いして怒ってるパターン。

_____

正論を言ってくるパターンの批判に対しては、私は「私もそう思う」と感じる。

ただ、たった140文字の中で、あらゆる人に配慮して発言するのは難しい。

学校の1クラス35人に配慮するのも難しいのに、

Twitterの海で全員に配慮するのは不可能だ。

だって、フォロワーだけで2000人いる。

誰かが拡散すれば、一気に数万人に届く。

全員の状況やバックグラウンド、考えに配慮するのは不可能だ。

それでも、その人その人の基準で物事を考えると、私の意見が「間違ってるように見える」のはまぎれもない事実なのだ。

私は私にとって正しい意見を述べても、誰かにとっては間違った意見に見えるのだ。

それは仕方ないこと。

だから正論で批判されると、「あなたにとってはその意見が正解ですよね、それで良いと思います」って思う。

_____

勘違いして怒ってるパターンは、私の一言から想像を膨らませたり、自分の経験を過度に塗りつけて感情的になったり。

そういう場合は、勘違いしてる方が悪い気もするけれど、気分を害したのであればそれは可哀想なので「気分害したならごめん」って言いたい。気分的に。

そして、「あなたは勘違いしてるだけだよ」と丁寧に伝えて、気分を直せれば良いなと思う。

でも、数が増えるとキリが無くて、疲れて、そんなことにばっかり時間を使えなくて、無視することがある。

仕方ないけど、仕方なくないなぁと思う。よく分からないけど。

_____

とりあえず、リプライがきたら、もっと丁寧に会話したいなぁと思う。

日本語がよく分からない場合は別だけど。

時間とか気分の問題で、批判やアンチ的意見に対して割く時間は少なくなるだろうけど。

でも、批判が少なかったらいいなって思う。(身近な人からの批判的アドバイスはとてもありがたい)

 

②昔からずっと見てくれる人に溢れる感謝の想い

私は、今のアカウントを1年ちょっと続けている。

その中で呟く内容は結構変化したと思う。状況や関わる人が変わったので、仕方ないことだ。

それなのに、昔からずっとフォローし続けてくれる人がたくさんいる。

ありがたすぎることだ。

もちろんフォローを外したりミュートしたり、って人もたくさんいるのだろうけど

そういう人がたくさんいるからこそ

昔から見てくれる人には余計に感謝感謝だ。

新しい人がいるからこそ発展するかもしれないけれど、

やっぱり昔から見てくれる人は私の土台になるし、安心感にも繋がる。

人間関係が下手くそだからこそ、せめてTwitterっていう関わりやすい場所くらいでは、ちゃんと人と会話しようと思う

 

終わり

Twitter:田舎暮らしの詩人ななさま(@777nanadayo777

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。