人間、放っとけば向いてる仕事を勝手にするようにできている

スポンサードリンク





タイトルの通り。

「○○すべき」「○○が良い職業」みたいな常識さえ外してしまえば、人間は向いてる仕事を勝手に見つけ、それをやるようにできている。

(ただし、生命がおびやかされる環境で生きている場合、大病を患っている場合、金銭的な致命傷がある場合はその限りでは無い。)

_____

私は保健室の先生を目指していた。だけどそれは恐らく「向いていない仕事」。

「向いてなくね?」と気付いたのは、大学3年生の頃だった気がする。向いてないけど、大学でその学問を専攻していたので、半分諦めモードで就職するつもりだった。「大学まできたんだから、保健室の先生にならなきゃいけない」という考えがあった。

_____

大学4年生になり、フリーランスやよく分からない働き方を目撃してしまった。そしたら「大学まできたんだから、保健室の先生にならなきゃいけない」という考えはどこかへ消えた。

嫌なものは嫌、やりたくないことはやりたくない、苦手な人とは関わりたくない、眠い時は寝る…

とにかく、自分の短期的な欲望にしたがって生きるようにした。

短期的な欲望にしたがって生きるようになってから約1年。苦痛の少ない作業(ライティング)で生計を立てられるようになった。

_____

今後もライティングを続ける。FPの資格を取得する。大学院へ通って勉強する。

  • ライティング
  • FP
  • 大学院

これらは全て、「〜しなきゃいけない」思考から解放された、自然な欲求。

_____

私は性格診断が好きだ。性格診断を「占い」のように考えている人は「胡散臭いな」とかいうのかもしれないけれど、私がいう性格診断は、心理学者の考えに基づいた【分類】。占いとは一緒にしないで欲しい。

改めてMBTIで適職を確認した。(私はINTPです。)

すると、

  • ライターの仕事
  • お金関係、数字関係の仕事
  • 高等教育に関わる仕事

は全て適職だと出てきた。

逆に【保健室の先生】みたいな直接支援を施す仕事は向いていない、と出てきた。

_____

(画像:https://xn--bfv490dh2g4mg.jp/intp.phpから)

これを見る限り、今の働き方(フリーランスでのんびり)が向いてることは明らか。

_____

自分が今まで培ってきたもの(学歴を含む)を活かそうとする心の働きは分かるけれど、向いていない可能性も十分に考えられる。

一度、どこかのタイミングで、常識みたいなものを取り外せると人生が楽になる。

田舎フリーランス養成講座やNPO法人ひとまきでの活動は、「常識外し」のいい役割を担ってくれた。

ネットで不思議な人たちを見てるだけだと、あくまでも「対岸の人たち」としか見えない。

実際に、少しでもいいから「仲間」になると楽だ。

人生は「楽」でいいんだよ。怠惰でもいいんだよ。無駄に、勝手に「辛くなる」必要は無い。楽になれ〜。

関連記事》発達障害でバイトが辛い大学生は、バイトを辞めてライティングをしよう。

関連記事》未経験でも大丈夫!フリーエンジニアはポテパンで始めよう




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した新卒の詩人。noteとブログで生計を立てるために奮闘中。秋田出身で千葉大学18卒。収入源はアフィリエイトやライティング、note、パトロンさんなど。夏の間は秋田の実家と北海道に1ヶ月半滞在します。9月から畑を耕して半農半Xを実践します。