【日景(ひかげ)温泉】秋田県大館市にある創業125年の秘湯に行ってきた

スポンサードリンク


9月13日。日景(ひかげ)温泉に一泊してきました。感想は「また絶対に行きたい!」

リニューアル記念で、2018年の12月29日までは通常の1万円引きで宿泊できるコースがあります。普段は高級なので、わたしはこのお得な期間を狙って宿泊しました。

詳細はこちら》日景温泉 開業記念プラン

※日帰りでも入れます!

この記事を読んでほしい人

  • 温泉好きの人
  • 東北の隠れ家的な温泉宿を探している人
  • 関東から電車で気軽に行ける秘湯を探している人
  • 湯治目的の人




大館駅から日景温泉に向かうよ!

大館駅から電車で約12分。陣場駅に到着!

この日は秋晴れで、山の中にある古い駅舎が映えました。

無人駅なので、切符はポストに。

宿までの送迎アリ

あらかじめ送迎の連絡をしておくと、宿の方が駅まで迎えに来てくださいます。

秘湯なのに、車無しで行けちゃうのが嬉しい!

外観:渋くて綺麗でめちゃめちゃ広い

こちらが日景温泉。リニューアルしたてのようで、渋いながらもとっても綺麗な建物でした。

宿のスタッフさん「敷地は3000坪、建物の面積は1500坪あります」

広すぎてよく分からないレベル…。

 

入ってすぐの受付。明るくて広々しています。16時前、チェックイン!

部屋の鍵は二人分もらえました。だいたい鍵って一つしかもらえない気がするので、ありがたいですね。これで「○時頃に温泉を出よう」と約束する必要がありません。

夫婦、カップルにもありがたい!

ちなみに15時からチェックイン可能です。大館方面から電車で行く場合、16時前到着or18時前到着になります。

めちゃくちゃ広いロビーに通され、お茶をいただきました。

内観:やっぱり広い

この甘いお菓子はなんて言うんでしょう…私にはちょっと甘すぎた。

このタイミングで

  • 夕食の時間
  • 朝食の時間

を聞かれます。私たちは夕食18:30~、朝食8:30~にしました。

建物の中はやっぱりとても広くて、部屋から離れた温泉を目指す時には迷子になるほど。

すれ違った老夫婦も「部屋が分からなくなった」と彷徨っていたので、ものすごく広いです。本当に。

長い廊下を抜けて…

お部屋:2人では余るほど広い

お部屋の前に到着!

扉を開けると、玄関的スペース。何も無いのに広い!

まずは畳のお部屋。一緒に宿泊した、結婚予定の男の子がくつろいでいます。

畳のお部屋の隣は、椅子のスペース。

寝室:和風だけどベッドで過ごしやすい

続いて寝室。広いけど、写真では上手く広さを伝えられない気がする。

天井もなんか高級そう(?)

水回り:リニューアルしたてでピカピカである

リニューアルしたばかりなので、水回りもとっても綺麗でした。

アメニティも色々。

畳の部屋と寝室が別になっていて、とにかく広かった。持て余しました。

共有スペース:図書室があるよ

日景温泉は日帰り温泉もありますが、宿泊者限定スペース・宿泊者限定のお風呂も多いです。

こんな立派な書斎もありました。この日は思いっきり平日だったので、宿泊客も多くありませんでした。よって、どこに行ってもほとんど貸切状態!

こんな所に引きこもって、昔の文豪みたいに仕事したいな…。1泊(安くても)15,000円なので、今の私には無理だけど…。

日景温泉のお風呂たち

16時半、早速お風呂!

わ〜〜〜〜〜〜。ここは、日帰りでも入れる大きなお風呂です。

女性客はおばあさん一人しかいなくて、しかもめっちゃ早い時間にお風呂に入って疲れたとのことで(会話した)、私は大きなお風呂に一人で入りました。贅沢すぎる。一人なので写真を撮りました。

大きなお風呂、露天風呂、男女で使える時間が別になっている露天風呂に入りました。

大きなお風呂には「寝湯」と言って、寝ながら入れる浅めのお風呂があります。

寝ながら入ることのできる「寝湯」

湯の花がガチ。モコモコ。硫黄系の温泉をあまり知らなかった私は、湯の花が存在することを初めて知りました。「湯の花」っていう概念があるのだと思ってた。

床についた湯の花。ツルツルなので気をつけて!

 

露天風呂には、笠地蔵的な傘があります。冬や雨の日にかぶる用でしょうか。

笠地蔵のコスプレができる

続いて、時間制で入ることのできる離れの露天風呂へ〜!

贅沢

贅沢

お風呂が熱い時は、水が出ている付近に滞在しましょう。

家族風呂もある

続いて、家族風呂!フロントで予約すると、1時間ほど無料で貸切にしてもらえます。

家族風呂の内湯

脱衣所

脱衣所は広めなので、家族連れでも大丈夫!家族風呂だから当たり前か…

_____

続いて、家族風呂の露天風呂

露天風呂への通路

家族風呂の露天風呂

山奥に、離れで貸切風呂…最高に気持ちよかったです。

策がゆるいので、動物が来たら怖いなぁと思いましたが誰も来ませんでした。

嬉しいポイント:注意書きが秋田弁

注意事項が秋田弁なのも地味に嬉しいポイント。小さな遊び心がいいですね。

なまはげは男鹿市が有名ですが、秋田県ならどこでも使われがちです。

秋田弁と英語のみの表記。じわじわくる。

日景温泉の食事

お風呂を堪能した後は、食事!18:30スタートです。

日景温泉の夕食

個室居酒屋みたいな場所に案内されます

食事は仕切りのある食事場所にて。

お献立

こういう「宿のご飯」を食べるのは2年ぶりくらい。めっちゃ嬉しい。

食事は、きりたんぽや比内地鶏、ミズなど「秋田っぽいもの」だらけです。田舎感というべきか、秋田感というべきか。

食前酒:みぞれりんご梅酒

美味しい。がばがば飲みたい。

前菜:トマト、ミズ(山菜)、ミョウガ、枝豆、熊の肉、桃の白和え

個人的には、ミズがお気に入りです。もともとミズが大好きなので、嬉しい。千葉ではミズを見かけないので、東北の山菜なのだろうか。

熊の肉は、意外と柔らかくて豚の角煮っぽい感じでした。

りんごの冷製スープ

スープというよりデザートっぽかったです。材料は、りんご・牛乳・生クリームだそうです。

派手めな鮎

置かれた鮎

田舎感のあるメニュー、鮎の塩焼き!

秋田の豚&比内地鶏のしゃぶしゃぶ

美味しかった!しゃぶしゃぶするのがスローすぎて途中で火が消えてしまったけれど、宿の方がすぐに気づいて補充してくれました。ありがとうございます。

ゴマだれは「めっちゃごま」でした。個人的にはポン酢の方が好き!

きりたんぽ、ご飯、お味噌汁

衝撃のメニュー。きりたんぽ(米)とご飯がセットで出てきました。

今まできりたんぽを食べる時はご飯を食べなかったので、「ダブルってありなのか、まじか」と思いました。

お好み焼きとお米を同時に食べる感じでしょうか。いや、米に米だから、一段階上をいってると思う。

デザート:ほうじ茶のブランマンジェ(プリンみたいなババロアみたいなやつ)

ほうじ茶のデザート大好きなので、嬉しかったです。9月に行ったので、上には梨が乗っていました。

ごちそうさまでした!

日景温泉の朝食

朝は8:30からにしました。同じ個室に通されます。

席に着くと、すでに用意されてあります。

この後、ご飯&お味噌汁が運ばれてきます。

ご飯は白米・地鶏のおかゆ・ハーフハーフから選択。

朝食のスムージー

バランス良く、量も多すぎず、朝ごはんにちょうどよかった!

日景温泉のおすすめポイント7つ

日景温泉についてひと通りご紹介しましたが、おすすめポイントを改めて振り返ってみます。

1.温泉の数の多さ

大浴場のほかにも露天風呂2個、貸切家族風呂2個がありました。1泊2日の場合、計画的に入らないと制覇できないかも。

2.料理が地元の食材だらけ

「秋田っぽいな〜〜」と感じる食材が多かったです。山菜やきりたんぽ、秋田のお肉など。北国の美味しい料理が味わえます。

3.館内が1500坪の広さ

とにかく広い!秋田と青森の県境の山奥に位置しているので、土地を贅沢に使ってる感があります。有名な温泉街は縦に長い場合も多いですが、日景温泉は横に広いです。土地の使い方が贅沢!

4.関東から新幹線+鈍行のみで行ける(車いらず!)

「秋田とか遠すぎだろ…!」と思いがちですが、そこまで遠くない。東京駅から4時間半で着きます。レンタカーを借りる必要も無いので、気軽に向かえます。

5.明治26年から続く歴史

日景温泉は1893年から続く老舗旅館です。日清戦争より前…。

一度廃業したようですが、リニューアルして開業したてホヤホヤです。

6.平日は空いている

観光地でも無いので、平日は混んでいません。広い敷地を(ほぼ)独り占めできます。

7.Wi-Fiがバッチリ

個人的に、これが嬉しかった!山奥なのにWi-Fiがバッチリ通ってるので、スマホもパソコンも使えます。

日景温泉の気になるポイント2つ

人によっては気になるポイントをお知らせしておきます。

1.価格が高め

とっても良い旅館なので当たり前といえば当たり前ですが、ちょっと高いです。通常価格は25,000円(1泊2日/人)。

気軽に泊まれる宿ではなく、ご褒美用の宿ですね。

2.バリアフリーではない

館内が広すぎる&ちょっとした階段が多めなので、バリアフリー感は無いです。

車椅子や足腰の弱い方は、事前に伝えて部屋を選んだ方が良さそうです。

アクセス:東京から5時間くらい

  • 秋田駅〜陣場駅:電車で約2時間(1,940円)
  • 東京駅〜陣場駅:新幹線+電車で5時間ちょい(18,000円)
  • 羽田空港〜青森空港〜陣場駅:飛行機75分、電車1時間ちょい(LCCが無いので飛行機は高い+電車1,140円)

関東からは新幹線、関東より左から来る場合は飛行機かな。

※交通費は片道です。

価格帯:2018年12月29日までは15,000円コースがある!

  • 一番お得なコース:1泊1人15,000円(2018年12月29日まで)
  • 通常のコース:1泊1人25,000円

日景温泉の公式サイトはこちらから

伝統工芸品「曲げわっぱ作り体験」の記事はこちらから》【曲げわっぱ体験】秋田県大館市の大館工芸社に行ってきた

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。