【過去の自分と対談した】普通の大学生でもフリーランスになれた

スポンサードリンク


日々思想にふけっています。ななさまです。
最近は自分の停滞を感じ、卑屈になり、自己肯定感が低下しております。

そこで「1年前よりは成長したよね?」をテーマに、過去の自分と座談会をしました〜!

他の人と比べたら成長スピードは微妙かもしれないけれど、1年前の自分と比べたら圧倒的な成長を感じます。

仕事の変化:バイト→ライティング

新なな「2017年11月のなな、こんばんは。2018年11月のななだよ。なぜか色々な自信が無くなってきたので、過去の自分と比較してマウンティングを取ろうと思ってる。」

旧なな「どうぞ」

新なな「そっちはまだバイト+奨学金で生きてるよね。だかしかし、今はライティングやブログ、いなフリの講師までやってるよ」

旧なな「あ、ちゃんとフリーランスとして稼いでるんだ!すごい。いけるとは思ってたけど、今は一円も稼げてないから普通にすごいわ。

しかもいなフリの講師やってるの?まだ参加もしてないから、めっちゃすごい。ってことは、金谷に住んでるの?」

新なな「そうだよ。金谷のシェアハウスに住んでる。旧ななはあれだよね、高知か鳥取で地域おこし協力隊をやろうとしてるんでしょ?」

旧なな「そうそう。2017年の夏に高知に行ったり、この前は鳥取に行ったりして。農業面白そうだし、フリーで稼ぐの自信ないし、折衷案として地域おこし協力隊かな〜とか思ってる。車運転できないし、西日本は遠いからすぐには決められないけどね。」

新なな「とりあえずはライティングで稼げるから、無理して地域おこし協力隊に応募する必要はなかったね。良い選択だったと思うよ。」

旧なな「かなぁ。ありがとう。」

収入の変化:残高500円→15万円以上キープ

旧なな「んで、今どれくらい稼げてるの?バイト無しで生きてるの?」

新なな「バイトはしてないね。ライティングとか、アフィリエイトとか、noteとか…もろもろ合わせて15万〜20万なことが多いかな。」

旧なな「普通にすごいわ。今はバイトで5万ちょっと稼いでヒィヒィ言ってるから、雇われずにそれだけ稼いでるのはすごい。すごいっていうか、羨ましい。

今の私にはできないからね。なんでお金を得られるようになったの?」

新なな「やっぱりいなフリのおかげだね。2月に受講したんだけど、その時すでに10万円稼げたんだよね。それが自信になったかな。」

旧なな「やっぱいなフリってすごいね。」

新なな「いや、別にいなフリがすごいっていうか、いなフリに参加すれば絶対大丈夫とかは無い。めっちゃ頑張ったから何とかなった。もちろん周りの環境は大事だけどね。」

旧なな「今は残高が常にギリギリだよ。500円くらいをうろうろすることもあるし、2万円あればいい方だし。今はどれくらいあるの?」

新なな「全然稼がない月もあるし、使ったりしてるから貯金はあんまり無いなぁ。それでも15万は切らないかな。いや、成長したわ。」

旧なな「残高15万とか、見たことない…。頑張ってると思う。」

新なな「ありがとう。まだまだだけど。」

やりたいことの変化:詩人?→表現なら形は問わない

旧なな「まだ詩人になりたいの?」

新なな「いや、詩人とは限らないかな。なんらかを表現し続ける人でありたい。今は思想家っていう肩書きだよ。」

旧なな「じゃっかん宗教チックだな…。まぁ、頭の中は大きくは変わってないんだね。」

新なな「うん。そう簡単には変わらないと思う。

音楽でも文章でも習字でも動画でも別の表現方法でも、色々試してみるしかないね。とにかく何かを頭から放出したいね。」

住んでる場所の変化:千葉の都会→千葉の田舎

旧なな「金谷に住んでるんだよね?シェアハウスとか大丈夫なの?」

新なな「意外といけるよ。だけど疲れてきたから、保田に引っ越すよ〜。」

旧なな「保田ってあれだ、あの村に行くときにナナシロさんと待ち合わせした駅!」

新なな「そう!しかもナナシロさんもこの前まで同じシェアハウスに住んでた!いなフリにも関わってるし、すごい近い存在!」

旧なな「まじか。確かにあの時同じようなにおいがしたけど、そんなに近い存在になったのね。あの村は?」

新なな「あの村はもうやめて、土地は家入さんが購入したらしいよ。」

旧なな「まじか。polcaであの村に行った身としては運命を感じる…あの村と家入さん。」

恋愛の変化:好きなA君と付き合えない→B君とスピード結婚

旧なな「保田はアパートがあるの?」

新なな「うん、アパートみたいな一軒家みたいなとこに住む。結婚するから一人暮らしじゃないけど。」

旧なな「え、まじか。早くね?誰?」

新なな「りょうごくん」

旧なな「いや、誰?」

新なな「金谷に住んでる同い年の人!」

旧なな「ほぉ。なんでまた結婚するの?○○のことはどうでもよくなった?」

新なな「結婚は直感としか言えないかな。急に舞い降りてきた感。

○○に【死ね】って言われたから、死ねって言う人とは仲良くしたくないわと思って連絡しないことにした。

彼女でもないのに私が他の人と仲良くすると【男好き】とか【きも】とか【死ね】とか言ってくるからね。そんな人と一緒にいたいわけないね。」

旧なな「2年間くらい○○に心を費やしてきたから、そのしがらみが無くなったのはだいぶ大きいだろうね、精神的に。」

新なな「確かに。お金やりょうごくんのおかげで心が健康になったと思ってたけど、【すがってきた良くないつながり】を断ち切ったから楽になったのかもね。」

旧なな「それは大きいでしょう。」

今後のこと:詩人志望→表現、アフィリ、FP、地元秋田

旧なな「今後はどうするの?ライティングで稼ぐの?」

新なな「基本はそうだね。あとはアフィリエイトサイトを作ったり、FPの資格取ったり、秋田での仕事も増やしたいかな。詩の応募も増やしていくつもり。」

旧なな「前は詩人になりたいって感じだったから、ずいぶん現実的なビジョンになったな〜と感じるよ。」

新なな「確かに。前に比べたら地に足ついたメンタルになったかも。お金大事だね。心が楽になる。」

旧なな「お金大事って思えるようになったのね。かなり大きな変化だと思う。」

まとめ:仕事、恋愛、環境がガラリと変わった

自分を変えるには

  • 付き合う人
  • 住む場所
  • 時間配分 を変えるしかない、と聞きます。

私の場合は

  • 付き合う人:大学、バイトの友達、○○ → フリーランスの人、りょうごくん
  • 住む場所:わりと都会な千葉市 → 田舎の金谷
  • 時間配分:バイト、大学 → 自分の時間のみ

ガラッと変わったね。まぁ、社会人になればみんな変わるか。

成長を感じたので、満足しました。ここまで付き合っていただき、ありがとうございました!

Twitter:ななさま(@777nanadayo777

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

田舎暮らしの詩人 ななさま

どうぶつの森みたいな暮らしを目指して千葉の金谷に移住した思想家。収入源はライティングとブログ。秋田出身で千葉大学18卒。ヨーロッパで物書きしたい。児童福祉に貢献したい。記事寄稿/被写体します。