猛反省の気持ちをただひたすら書く

スポンサードリンク


今日の午後、「ちょっと一回書くのをストップしてください…!」との連絡。クライアントさんからだ。

来月10万円分ほど納品予定だったクライアントさん。先方の都合により、一旦ストップする形になった。

優しいクライアントさんに恵まれ、新しい案件をバシバシ取りたい気持ちもあまりなく、年明けからほぼ冬眠していた。

このクライアントさんが最近の収入の半分近くを占めていた。収入の半分近くが急に無くなると分かると、いくら生活費があまりかからなくたって「うおっ、まじかっ…!」と内心焦る。

そうだよなぁ、クライアントワークはクライアントを分散させないと怖いよなぁ。ゴウさんの講座でも聞いたし、周りの話でも聞いていたし、分かってはいた。でも何となく、よくないバランスのまま過ごしてしまった。

思えばこの1年、なんとか新卒でフリーランスとして生きのびてきたものの、文字通り「生きのびてきただけ」って感じがする。

何かやりたい壮大なこともなく、お金を稼ぎたいわけでもなく、いつかゆっくりするために爆速で作業するわけでもなく、自分に投資するわけでもなく、常にゆったりしながら生活費+αを稼ぎ、あとはお茶を飲んでいた。

去年まで精神的に辛かったので、今年は人生の夏休みを謳歌していたんだよ〜と言えばそれまでなのだけど、今後もフリーランスとしてやっていくには圧倒的に努力が足りない。そのくせ人ともあまり関わらないし、自分で突き詰めたいこともないので、とても中途半端な状態。

「冬のうちにアフィリエイト記事を仕込んでおこう」と思っていたはずなのに、気づけばもう春。アフィリエイト記事は1記事しか書いてない。のんびりしすぎである。でもその記事から6000円確定したのはよかった。

・今のお金でいつまで生きのびられるのか

・即金性のある収入は何か

・即金性を考えないなら何がしたいのか

・いつか本当にお金が0になったらどうするのか

・ならないためのセーフティネットは?

・なんで詩人になりたいくせに詩をお金にする努力をしないのか

・なんでライティングが好きじゃないくせに続けようとしてるのか

・発信のネックになっているのは何か

・自分の直さなければいけないところは何なのか

改めて考えなければいけない。いや、常日頃考えてはいるけれど、現実にあまり興味がなく、すぐに空想の世界に行ってしまうので、行動する気持ちがあまりわかない。この世界で生きてるのだけど、別世界で生きてるような浮遊感。まぁなんとかなるだろうという選民思想。たまに落ち込んで「みんなすごい、自分やばい」という絶望感。

最近は「今後どうしようかな」と考えることがやたら多かったので、今回の件は何かのメッセージなんだと思う。

「クラウドソーシングで提案しまくろうかな」と思ったけれど、それじゃ現状が変わらないだろうし。別のことに挑戦する時期なのかもしれない。

フリーランスは絶え間ない工夫が必要だね。「安定してきたぞ」と思った時はもう危険で、次の収入源やバランス、新しいスキルについて考えまくらなきゃいけない。多分。

会社員の安定と、フリーランスの擬似的な安定はわけが違う。会社員の安定は契約だから、結婚に近い。まぁ離婚も可能性としては全然あるけど、お互い労力がいるし、一応ずっとよろしくね。みたいな。やめなければだいたい給料が振り込まれるので、本当に安定と呼んでも良い。

だけどフリーランスの安定は、しょせん擬似的な安定だ。たとえクライアントさんが何人もいたって、そのメディアが5年続くとは限らない。むしろ5年も上手くいってるメディアなんて、どれだけあるのか謎だ。アフィリエイトだって、継続的に収入を得られるようになったとしても、Google先生がいつ気分を変えられるか分からない。サイトをぶっ壊される可能性もある。

フリーランスはもう、これでもかってくらい収入源を分散しつつ、貯金や投資、人との繋がりなど「いろいろな形」で資産を日常に埋め込む必要がある。

当たり前のことだし分かってはいたけれど、なんだかおめでたい脳みそになってた気がする。

ただ収入を増やすだけなら

・知り合いにお願いして案件をもらう

・クラウドソーシングで案件を取りまくる

・メデイアに連絡する

・既存のクライアントさんに記事数を増やしてもらう

などをすればいい。クラウドソーシングで案件を取るのは得意なので、できるだろう。

だけど、「前と同じ稼ぎ方」をしていいのか、一度考え直す必要がありそうだ。

ゆっくり考えるほどの余裕はないけれど、数日考える必要はありそうだ。

他人のことは「これ得意じゃん」「この人のいい所はここだ」と分かるのに、自分については何も分からなくなる。

とりあえず、プライドが謎に高いこと、責任感がないこと、飲み込みが激早い反面とにかく飽きやすいこと、人に壁を作りがちなこと、自分の好きなものをないがしろにすること、怠惰で楽を求めること、その辺を改善しないと何事もダメな気がする。みんな、すごい。楽しい夏を迎えたいものだ。

関連記事》スキルなし・コネなしで独立した24歳女子が、1年間生き延びた話




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中