クラウドソーシングとは?副業でライターとして稼ぐ第一歩を紹介します

スポンサードリンク


クラウドソーシングサイトで生活費を稼いでいるななさまです。

DMから「ライターをやるなら何に登録すればいいでしょうか」「登録はしたけど、その後放置してる」などの連絡をもらうことがあります。

ちょうどいなフリでもクラウドソーシングの講座をやったので、0からクラウドソーシングでライターを始める流れをメモします。

この記事を読んでほしい人

  • これからクラウドソーシングでライティングを初めてみようと思ってるフリーランスの卵・副業したい人
  • どのクラウドソーシングに登録すればいいか分からない人
  • ライターを始める第一歩を踏み出したい人

この記事を読むと分かることは↓の通りです。

  • クラウドソーシングとは何か分かる
  • どのクラウドソーシングに登録したら良いか分かる
  • ライターとして第一歩を踏み出せる

Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

フィークル |報酬を、ちゃんと受け取れる安心。

 

わたし自身、初月で10万円ほど稼ぎ、その後もクラウドソーシング経由で収入を得ています。プロフィールや提案文の例も書いたので、参考にしていただけると嬉しいです!

クラウドソーシングは、案件の斡旋サイト

クラウドソーシングサイトは、クライアントと私たちフリーランスをつないでくれるサービスです。ライティングやサイト制作の案件が貼り出されていますので、その中から「やってみたい」と思う案件に応募します。

採用されるとすぐに仕事が始まります。

主なサービスはクラウドワークスとランサーズ

クラウドワークスとランサーズがメインです。この2つに登録し、やってみたい案件を探します。

下記のリンクから登録できます。

Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドソーシングのメリット/デメリット

誰でも手軽に始められるクラウドソーシングのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット1:誰でも気軽に始められる

初心者でも簡単に登録できます。わたしも2017年に何も分からない状態で登録しましたが、提案をしたらすぐに採用されました。ライター経験がなくとも登録・応募ができますので、「まず気軽に副業をしてみたい」という方にもおすすめです。

メリット2:15万円くらいであれば全然稼げる

1文字1円だとしても、月に15万文字書けば15万円を稼げます。毎日5000文字書けば15万円は稼げる計算ですね。タイピングに慣れている人であれば2時間で5000文字ほど書けると思いますので、ある程度慣れると1日2時間の副業で月15万円稼ぐことができます。

初期費用なしで月15万円稼げたら、けっこう大きいですね。

メリット3:支払いのトラブルが防げる

Webライティングは顔の見えない人と仕事をすることも多いです。そのため、「ちゃんと振り込んでくれるのか」「突然いなくなったりしないか」初心者のうちは契約書などもよく分からず、不安でした。

クラウドソーシングは間にクラウドソーシング会社が入っているので、支払いのトラブルが防げます。

支払いのトラブルを徹底的に防ぐ「フィークル」というサービスが出ているので、クラウドワークスの登録と合わせて入っておくと安心です◎

フィークル |報酬を、ちゃんと受け取れる安心。

メリット4:嫌になったらすぐにやめられる

単発のお仕事が多いので、「このクライアントさん、やりにくいな…」と感じたら次回は受注しなければいいのです。会社での人間関係はすぐに切ることができませんが、クラウドソーシングであればすぐに「さよなら」することもできます。

メリット5:再開するのが簡単

辞めるのも簡単な分、再開するのも簡単です。実際にわたしも4月に一度ライティングをやめましたが、7月に再開しました。翌月にはすぐに15万円以上稼ぐことができましたので、「再開しやすい」という特徴があります。一度案件数が0になっても、再び始めたら良いのです。とにかく気軽!

誰でも気軽に始められ、すぐに仕事を開始できるのがクラウドソーシングのいいところです。

続いてデメリットもご説明します。

デメリット1:単価が安い、手数料が高い

単価は安めです。1文字1円前後の案件が多いため、量をこなすことは必須。「楽して稼ぐ」ことは難しいです。

また手数料が20%前後取られます。5万円分書くと1万円は手数料として取られてしまいますので、直接契約するよりは損な感覚になります。

デメリット2:30万円以上を稼ぐのは難しい

最初は単価が低いため、とにかく作業量が必要です。1文字1円で30万円稼ぐには、1ヶ月に30万円稼ぐ必要があります。1日1万文字を、毎日休むことなく書き続ける…私だったら難しいです。クラウドソーシングで大金を稼ぐのは難しい。

デメリット3:記名記事にはなりにくい

誰かのお手伝いをする記事が多いので、無記名で記事を提供することが多いです。「この記事はななさまが書きました」と言えないことが多いので、公表できる実績にはなりにくいかも。

クラウドソーシングサイトは、初心者や「ピンチの時」に使うのがおすすめです。デメリットを考えると、「ずっとクラウドソーシング」はあんまり良くないかもしれません。

Q.そんなにすぐに仕事がもらえる? A.もらえます

応募して、返事をもらって、契約成立!応募したその日や翌日には仕事を獲得することができます。

実際にいなフリでも、提案した翌日に返事をもらった人がたくさんいました。

(もちろん提案数や応募した文章によってはなかなか仕事がもらえないこともあります。)

Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

プロフィールの作成と私の例文

プロフィールは「怪しくないように、無難に」書けばOKです。信頼度を上げるために、本人確認もしましょう。免許証の写真を送ったり、規約にチェックしたりです。

私のプロフィールはこんな感じです。


ふるさと納税の案件やフリーランスに関する案件に応募していた時期があったため、居住地などを書いています。

このプロフィールが正解ではないし、もっと良いプロフィールもあると思いますが、無難で悪くはない気がしています。

 

提案文の作成と私の例文

プロフィールができたら、案件を探して提案します。

私の提案文(ライトver.)はこんな感じ。

これは軽めの提案です。「絶対に獲りたい!」というときは、「役に立てる理由」に番号をつけて、たくさん書きます。

初心者だってアピールポイントはある

初心者はアピールポイントが無いんじゃないか…と思いますが、そんなことはありません。

個人的に「初心者でもアピールできるな」と感じるのは下記です。またクラウドソーシングは初心者でも「ブログをやっている」「特定の専門知識がある」という場合にはアピールポイントになります。

初心者でもアピールできることはたくさんありますので、自分の強みを書いていきましょう。

案件探しのセオリー4つ

案件を探すときは、下記の4つに気をつけましょう。

①新着の案件から探す

古いもの(2週間前とか)は当選者が決まってる可能性があるからです。

②1文字1円以上の案件を選ぶ

時給換算した時に300円とかになると良くないので、最低でも1文字1円の案件を選びましょう。

また、高単価のクライアントさんほど親切な人が多い印象です。なるべく高単価の案件に応募したい…!

③面倒なもの・評価の低い人は避ける(画像が多い、ルールが多い)

★が3つくらいのクライアントさんは避けたほうがいいと思います。

「画像は10枚お願いします」みたいなちょっと面倒な案件も避けます。

④「絶対書けないやつ」以外は応募する

選り好みしすぎると案件を獲得できないし、調べれば分かることが多いので、「絶対無理」なもの以外には応募します。

登録して、プロフィールを書いて、案件を探して、応募すれば、ライターとしてスタートできます。「副業やバイトとしてライティングをしてみたいけど、まだ何もできてない」という方は、ぜひクラウドワークスとランサーズに登録してみましょう。

Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

おすすめの本2冊:文章力の教室、沈黙のWebライティング

個人的おすすめ本です。読んでいる人が多いので、わたしのおすすめというより、「よく読まれている本」と表現した方が適切かもしれません。

①文章力の教室

構成作りから細かい日本語まで勉強できます。ある程度ライター経験を積んでから読んでも勉強になる…!

佐々木ゴウさんやヌイさんもおすすめしていた本です。いなフリ生の皆さんもけっこう読んでいます。

②沈黙のWebライティング

会話形式で「Webライティングとはなんぞや」を学べる本です。重要箇所のみの飛ばし読みもしやすいので、時間がない人でも読みやすい。

おすすめのタイマー:LINKSY

↑パソコン横に置いて作業してます。

わたしは集中力が続かないため、25分書いて、5分休憩して、25分書いて、5分休憩して、を繰り返す「ポモドーロ法」でライティングを進めています。

このタイマーは細かい時間が測りやすい&音ではなく光で時間を教えてくれるので便利です。(ポモドーロ専用タイマーもありますが、昔の目覚し時計レベルにうるさいので、人がいる場所では使えない)

「集中できん」って人におすすめです。

初心者ライターの参考になる人:佐々木ゴウさん

ライター初心者の疑問に答えてくれる佐々木ゴウ先生。提案文の書き方やリード文の書き方についてもYouTubeで解説しているので、「何も分からん!」って人は観てみることをおすすめします。

ゴウ先生のブログはこちら》ゴウライティング

 

ライターを始めたい方は、この機会に挑戦してみましょう〜!

Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

フィークル |報酬を、ちゃんと受け取れる安心。

書いた人:ななさま(@777nanadayo777

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中