なんだか疲れちゃうなぁ/みんなすごい人に見える/フリーランスも簡単じゃない

スポンサードリンク


なんだか疲れた。原因は単純。

  • 移動しながら慣れない作業をしてた
  • やたら気合が入っていた
  • 低気圧、雨、寒い
  • 生理前
  • なんだか連絡が多い

原因はいつだって単純だ。ホルモンと、天気と、仕事に関する何か。

フリーランスという形は自分に合ってる気がするけれど、怠け者には向かない働き方だ。常に案件の維持について考えなきゃいけないし、収入を考えなきゃいけないし、報酬の回収方法や時期を自分で管理しなきゃいけないし、連絡もしなきゃいけないし、全てが手動だ。流れに乗っていればお金が勝手に振り込まれるわけじゃない。経理も営業も作業も進捗管理も、全てが自分。

悪くない働き方だし自由な部分が多くて嬉しいけれど、時々疲れちゃう。

思考を完全にやめたらお金が入らなくて野垂れ死ぬし、だからって考えすぎると人間としてどんどん不幸っぽくなる。スイッチの切り替えが難しい。

発達障害の人は極端なことが多いので、会社員として集団に馴染むよりもフリーの方がいいと思ってたけど、そんなことはない。能力が突出してる人はフリーの方がいいのかもしれないけど、なんでもない「ただの発達障害(の傾向がある人)」がフリーになると、最悪破滅に向かってしまう。

働き方について何も考えないで過ごすよりは、早いうちから考えてた方がいいけれど、考えすぎも良くない。さまざまな仕組みがあって、仕組みに乗れる学歴があるのだから、乗っかれるところは乗っかった方が快適に過ごせる。

会社員になろうかなと考えることはまだ少ないけれど、今後どうなっていくのかは分からない。自分に向いてるものも、やりたいことも、似合うことも、分からない。誰かに何かを褒められたって、「そうかな〜褒めすぎだよ〜」とか思ってしまうし。だからって足りない点を指摘されるとすぐに不快感を感じてしまうし。自分の強みとか、永遠に分からないと思う。

みんなそれぞれ働いてて、すごいなぁ。毎日会社に行くのもすごいし、イラついてもやり過ごせるのもすごいし、体調が悪い時に仕事できるのもすごいし、フリーで稼いでるのもすごいし、本当になにもかもすごい。

自分は気持ちがコロコロ変わるし、信念がないし、俗に言う「作業量」「行動量」も少ないし、何だか良くない人に思えてくる。もうすぐ25歳になるのに、空想と食べることで脳みそがいっぱいだ。

文章が好きと言いながら、情熱をかけて勉強するわけでもない。好きだからって勉強できるわけじゃないんだよ。「好きだなぁ」と思ったまま放置することだってたくさんある。

好きって、どうすることを言うんだろう。好きな対象について働きかけることだけが「好き」の証拠なのか?そんなはずない。好きって思うだけでいいはずなのに。なにがおかしいのだろう。

理想と憧れと現実と他人がごちゃ混ぜになって、脳みそが疲れてしまう。ちょうどいいペースが、24歳になっても分からない。




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中