人間は意味のないこと・情報として価値がないことをやっていくしかない

スポンサードリンク


これは前から言ってること。

1年前のインタビューでも似たようなことを言ってる。

【いかに寄り道できるかが人間の楽しみ】24歳女性・新卒フリーランスに聞いた

最近googleの検索が進化して、どこかのページをクリックしなくても情報が分かるようになってきた。

「長澤まさみ 身長」と入力すると、すぐにgoogle先生が表示してくれるし。168cmだって。ガッキーは169cmだって。

ちょっとした情報のページなんて、作る意味がなくなってきた。

感情に語りかける物語とか、体験とか、感覚を味わうための文章とか、匂いとか、大事なものってそれくらい。

情報としては意味のないものくらいしか、人間のできることは無くなってくる。

意味があるはずのことから順番に、「人間がやる意味」は無くなっていく。人間ではない何かがやってくれるようになる。

だから日常の中で「意味のない行動」が多いのは良いことなんだと思う。意味のない行動の中にも「本当に無駄で浪費にしかならないこと」と「一見意味がないけど需要が生まれる可能性はあるもの」があるけど、まぁどっちでもいい。

のんびりして、自分が感じる心の状態をそのまま感じること。意味はないけど、意味がないからやる価値がある。

わたしの言葉のチョイスが微妙なので、何を言ってるか伝わらないかもしれないけど…。

意味のないことをしてる人は、お金の心配があまりない場合、そのままでいいんだと思う。

散歩したり、人とお話ししたり、花を育てたり、空を眺めたり。

「暇」と呼ばれる時間を、暇で意味のないまま楽しめる人、受け入れられる人は「人間」として生きていける。

どんどん暇になるよ。遊びに飽きるよ。お金にも困らなくなるよ。

お金のためにって思考停止して働けてるうちは、実は幸せかもね。

世界に対して感じるちょっとした違和感を放置したら、数年後に困る。向き合ったら向き合ったで一応大変なことはあるだろうけど、まだ間に合う。違和感は違和感。世間的にどうであれ、自分にとっての違和感は絶対的に正しく違和感なんだから。

気づいたことを、もっとちゃんと感じよう。まだ間に合う。




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中