どこまで同時とカウントするか/足りないことが嬉しい

スポンサードリンク


いつも疑問に思う。

「今は●●に集中したいから●●をやめる」

「●●と●●を同時に頑張る」

みたいな考え。

どこまでを同時とカウントするんだろう?

例えば、「ライティングとブログを同時にやる」って表現。

1日のうちにライティングタイムとブログタイムがあるなら、それは「同時にやってる」に含まれるだろう。

1週間のうち月火水木はライティング、金土日がブログの場合も「同時にやってる」に含まれるだろう。

1ヶ月のうち前半はライティング、後半はブログの場合は「同時にやってる」に含まれるか微妙ならいんだろうか。

1年のうち最初の8ヶ月はライティング、後半4ヶ月はブログに集中する場合は「同時にやってる」とは言えない気がする。なんて表現するんだろう。

同時って、何を持って同時というんだろう。

「今」の範囲ってどこからどこまでなんだろう。

肩書き論にも似てるけど、言葉の定義や時間の定義を自分の中で持たないと、今どこで何をしてるのか、自分は誰なのか、分からなくなるね。

言葉が好きなせいで、言葉に縛られる時がある。言葉と感覚を自分のものにしないと、動き出せなくなる。

それは悪いことじゃない。何を大事にしてるかは、人それぞれ違う。

わたしみたいに言葉や感覚が重要な人もいれば、とにかく動いてみる方が重要な人もいる。目に見える数字で動ける人もいる。

言葉の無力さをいつでも感じている。表現できないことがあるから、不満足だから、まだまだ想像したり書いたりできる。満ち足りたら、無力じゃなくなったら、何かしようと思えない。

足りないことが嬉しいし、ありがたい。

足りないうちが楽しい。できないうちが楽しい。

できたら飽きる。足りたらわたし、いらない人になるかもしれない。

不足感を「だめなもの」と決めつけず、「不足してるからこそ気持ちや感覚が刺激されるね」って感謝したい。

別に何も生まれないんだけどね。

何も生まれなくても、心地よさを探ったり、何か思いついたり、そういうゆるさで許される世界が必要。




スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中