本当にやらなきゃいけないことなんて一つもないってことを忘れちゃいけない

スポンサードリンク


どれだけ大切なことに追われてるとしても、「明日死ぬとしてもそれをやる」ほどの大事なことなんて、ほとんどない。

「明日死ぬとしてもそれをやる」ってくらい大事なことって、人に会うとか、何かを自分の中で感じて実感するとか、そんなことだと思う。

忙しくしてもいいし、計画立てて頑張ってもいい。

でも忘れちゃいけない大切なことは、「本当にやらなきゃいけないことは、きっと一つもない」ってこと。

いつでも逃げなきゃダメ、いつでもやめなきゃだめ。おかしいものを続けちゃダメ。

真剣になってもいいけど、意味なく深刻に生きたって何もプラスにはならない。

なるべく気楽に、自分の本当の心の声を聴きながら、合ってる方向に歩くのが大事だね。

会社や学校で大きな役割があって大変な人がいると思うけど、本当にその仕事をやめちゃいけないなんてルールはない。

最悪代わりはいるし、代わりがいなくてもなんとか世界は回っていく。

あなたがいなくても世界が回るってことを、「悲しい」と思わずに、「まぁそうだよな」と思ってほしい。

代わりがいることを、思考停止してやる必要はない。

でも生活すること、何かを感じることは、あなた自身が経験しなければ意味がない。

どうせ人生に意味などない。

その中で、さらに代わりがいることばかりするのは、もう本当に意味がない。

意味がないなら、自分しか感じられないことを自分なりに感じて「ふ〜ん」って思ってる方がいい。

やりたいことはやった方がいいと、死に際のあなたは思うだろう。

死に際のあなたが奇跡的に今に戻れたら、かなり生き生きしながら色んなことに挑戦すると思う。

他人を大事にするのもいいけど、でも自分以外にはなれないし、他人は自分とは別のタイミングで死んでしまうのだから、やっぱり自分のことを優先にしていいと思う。

そのわがままな気持ちが上手いこと重なった時には、他人を大事にするふりしながら、一緒に生きていけばいい。

ちょうどいい条件の人間関係があったら、自分の幸せのために、入っていけばいい。

全部自分のためでいいんだよ、多分。

何が言いたいのか謎だ。

とにかく、良くも悪くも「本当にやらなきゃいけないことなんて一つもないはずだよ」ってことだ。

疲れたり、緊張したりしたら、力を抜くために唱えたい。

本当にやらなきゃいけないことなんて一つもない。

生まれた時のことを考えれば明らかだ。

役割なんてなく、この世界に、適当に生まれてきたはずだし。

やらなきゃいけないことなんてないから、「やってみたいな」と思ったことを順番に、適当にやっていけばいい。

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中