「やりたいこと」が、年々しょぼくなっている

スポンサードリンク


今まで幾度となく「やりたいこと」を考えてきた。

計画や目標を立てた。

でも、全て実行するわけじゃない。

だいたい2割くらいしか実行してないと思う。

継続力が無いというか、とにかく、すぐ飽きる。

自分の中のブームはすぐに去っていく。

2ヶ月前に何にはまっていたかも思い出せない。

日記などで記録はしてるけど、そもそも過去の日記をあまり読まない。

 

何度も「やりたいこと」を書いては、自分に裏切られてきた。

それでも「やりたいこと」を考えるのは楽しいし、今すぐ実行しなくても後からジワジワ効いてくるかもしれないので、定期的に考える。

 

仕事やお金関係なしに、やりたいことを考えた。

浪費でも消費でも何でもいいから、やりたいこと。

 

音楽(ピアノ・歌)をやりたい

音楽をあまり聴かない人間だけど、演奏は好きだ。

ピアノは下手くそだし、歌も音痴だけど。

それでもピアノを弾くのは好きだし、一人でカラオケに行くのも大好き。

ピアノも歌も、MAXやる気のない不登校時代からずっと好きだ。

学校を休みながら耳コピ能力を身につけたし、

半身浴しながらひたすら歌ってた。

疲れたり、もやもやするときは、カラオケに行く。

 

ピアノもカラオケも、やりたい。

別にお金になるわけでも、仕事にしたいわけでもない。

それでも好きなのだから、「消費」と呼ばれたって、別にいい。

ただ好きな曲を、自分の身体を使って、自分のために表現する。

ああ、カラオケに行きたいな。

もっと歌がうまかったらよかった。

 

アロマを集めたい

正確には、エッセンシャルオイル。精油。

アロマは体調にかかわるし、使うだけでかなり気分が良くなるので、欠かせない。

アロマが合う体質の人は、結構いると思う。

アロマで体調を改善させつつ、資格をとって、緩やかなアロマの講師をしたいなぁと思う。

ご婦人みたいな生活だね、アロマの講師。

わたし、いなフリみたいにネットのことも別に嫌いではないけど、

本当はもっと感覚的で、身体に関係ある、癒しみたいなことをしたい。

もっともっとアロマを楽しみながら生活したい。

 

バッチフラワーレメディ の資格をとる

これもアロマに近い。

バッチフラワーは、お花のパワーで感情に働きかける療法。

これだけ聞くと、結構怪しいよね。

実際、医学的な効き目は証明されていないので、「怪しい」の域から脱出できないものである。

プラシーボ効果が大きいんだろう。

でもわたしには効くし、「信じれば効くことがある」って面白いなぁと思う。

民間療法とか、自然療法とか、人によっては効かなかったり、効果が実証されてない分野は楽しい。

実体のないものを何人かで信じて、救われて、癒されて、広まっていく感じ。

宗教みたいに生活に取り入れてもいいよね、こういう分野。

 

漫画を読みたい

最近「恋のツキ」という漫画を読んで、「もっとこういう漫画を読んでみたい」と思った。

恋のツキは、彼氏とマンネリ化してる31歳のフリーター女子が、15歳の高校生と両思いになって付き合う話。

不純なのに中を読むとピュアかつリアルで、皆ちょっと気持ち悪いのに自分と重なるような、なんとも言えない話。

自分の感情が動くような、リアルさと幻の世界を融合させたような、大人向けの漫画を読みたいなぁと思う。

 

「あなたがしてくれなくても」っていう、セックスレスがテーマの漫画。

こちらも登場人物が30代前半。

なんか、30代前半をテーマにして漫画って、今後やってくるリアルさや日常っぽさが感じられて、好きかもしれない。

 

昔好きだったドラマ「14才の母」や「ラストフレンズ」のDVDも買おうかな。

あまりにも日常に感情が無いから、ドラマや漫画で補おうと思うようになった。

 

美味しい飲み物を飲みたい

お酒を含め、美味しい飲み物を開拓したい。

食べ物でもいいんだけど、「飲み物」に労力やお金をかけるのは、大人って感じがして良い。

金がなさすぎる学生時代は、「飲み物にお金を払うなんて勿体無い!」と思い、水ばっかり飲んでいた。

酒は金がないので飲まなかった。

25才だし、寒いし、美味しい飲み物を飲みたい。

でもコーヒーや酒っぽい酒を飲めないので、飲むのは結局水ばかり。

あとは

  • お茶
  • ハーブティー
  • ココア
  • ジュース など。

 

やりたいことがしょうもない

年々、やりたいことが、しょうもなくなってきた感じがする。

2年くらい前は「●●さんと仕事したい」「●●円稼ぎたい」「●●で有名になりたい」とか言ってたけど。

今はそういうの、全く出てこない。

 

2年くらい前は、現状が満たされてないから、やたらおおきな夢を掲げて、自分の心をやり過ごしていたんだろうな。

 

今は、現状が満たされてるから、自分のことに集中したいんだろうな。

 

やりたいことがしょうもないのは、それなりに幸福な証だ。

幸福は追い求めてる時点で手に入らないので、ある程度までいったら、「数える」にシフトした方がいい。

じゃないとキリがない。

 

追い求めるのが好きな性格の人は、死ぬまで幸福を追い求めたらいい。

 

でも、追い求めるのが好きな性格の人って、そんなに多くないはず。

かなり特殊な人か、不幸が多くて反骨精神が死ぬほど強い人か。

 

そうじゃなければ、追い求めるのが好きなわけじゃないので、幸福を「数える」にシフトした方がいい。

 

今日幸福だったこと

  • 予定がなくて、午後まで寝てた
  • 夜ご飯が美味しかった
  • 外寒いのに家の中は暖かかった
  • お風呂に早めに入れた
  • 久しぶりに読んだ本が面白かった

数えれば、いつでも幸せになれるはず。

幸せになりたいのか、分からんけど。

しょうもない日常をおくる以外に、生きる意味はないよ。

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

思想家 ななさま

【秋田生まれの思想家/詩人】2069年の世界からタイムスリップしてきました/綺麗だけど役立たないもの、本当のことを探してる/物書きしながら田舎暮らし中/社会の隙間で生きている/発達障害グレー/千葉大学卒/雲の上で暮らしたい/エスペラント語勉強中